スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ視聴記録:乃木坂春香の秘密 第1話『もう、ダメです・・・』

 2008-07-13
「のぎさか」だと思ってたのですが「のぎ“ざ”か」でしたか。
〈今回のあらすじ〉
・たいして興味もないアニメの話題を一方的に振られてしまう綾瀬裕人
 図書室にレアなアニメ雑誌を入れてもらったと言う友人、朝倉信長の話に反応する者が一人。
 学校一の美女にして才色兼備、資産家令嬢の乃木坂春香だった。
・信長に図書の返却を頼まれた裕人。
 彼はそこで、人目を避けるようにして本を借りる春香を見る。
 ふとしたことから、彼女が借りたのがアニメ雑誌だと知ってしまった裕人。
 春香はこの世の終わりとでも言うように泣いて立ち去ってしまう。
・人目につくのもまずかろうと、朝早く登校してカバンと本を手渡す裕人。
 その後、裕人はずっと春香から避けられてばかり。
軽蔑する気もないし、口外する気もないと告げる裕人。
 趣味なんて個性の一部、大事なのは人格だと裕人は言う。
 バカにされると思っていたと、春香は心から安心する。
・秘密を守るのに夢中で、本を返し忘れていたと言う春香。
 未返却で借りた本まで他の生徒に知られるのもイヤだと、裕人を呼んで学校に忍び込む。
 返却済みにして、棚に本を返して。
 裕人はその中で、春香が思ったよりも面白い人なのだと知る。
 心を許せる人間として、“春香”と名前で呼んでいいと言われる裕人。
 その返礼として、裕人も友人と同じように名前で呼んでいいと話す。
 校内の誰とも違う関係が始まったのだった。



〈感想〉
松来未祐って劇中でも声優なんだ(笑)
のっけから松来かよ!とは思いましたが。

というか、「高校生にもなってアニメ」とか言われるとシャレにならない(苦笑)
これ見てる人はみんなショックだと思うんだけどなあ・・・。
これはアレか、視聴者が自虐ネタに走るようになってんのか。

趣味なんてたいした問題じゃない、と言われても自己弁護にしか聞こえないなあ。
そもそもそのセリフをアニメで言ってるんだし(笑)
まあ弁護するなと言う気は ま っ た く ないのですが。
世の中、差別主義者が多いんだってんだ。

何かもう第1話でインパクトを放出しきったような感じ。
激しく出オチな匂いがするのですが・・・。
でも能登かわいいよ能登なのでとりあえず継続しますか。


スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/988-a4385aff
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。