スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ視聴記録:コードギアス 反逆のルルーシュR2 第13話『過去からの刺客』

 2008-07-07
OP・EDともに新しく。
とりあえず、紅蓮とランスロット改造しすぎかと(^^;
〈今回のあらすじ〉
ギアスキャンセラーによって、本当の記憶を取り戻してしまったシャーリー。
 シャーリーは偽りを偽りと思わない世界に戸惑う。
 スザクに相談しようとしたシャーリーは、偶然にもルルーシュとも出会う。
・学園に潜入してきたジェレミア
 ロロと咲世子は連携するが、時を止めるギアスも通じない。
 ヴィレッタはルルーシュの支配から解放してほしいと願う。
 居場所を聞き、ジェレミアはルルーシュを求めてイケブクロに向かう。
 ヴィレッタはどちら側につくのか容易に判断させない態度を取る。
・もしも、ルルーシュとスザクが日本再興のために手を組んでいるとしたら。
 妄想に囚われたシャーリーは飛び降りようとしてしまう。
 「もう何一つ失いたくない」と必死に手を取るルルーシュ。
 スザクとの会話から、二人の間には友情がなくなっているとシャーリーは気付く。
 ロロからの電話でジェレミアが向かってくると聞かされるルルーシュ。
 詰問しようとするスザクだが、シャーリーは先んじてそれを邪魔する。
ジェレミアに追い詰められたルルーシュは、用意していた仕掛けをテストする。
 鉄道にゲフィオンディスターバーを備え付け、首都機能を麻痺させる。
 ジェレミアの機械の体は、その計画の実験台になってしまう。
 それでもなお、忠義のために身体を動かすジェレミア。
 なぜ実父と祖国を敵に回すのかとジェレミアは問う。
 母と妹のためというルルーシュの答えは決まっていた。
 ジェレミアは当時、初任務としてマリアンヌの警護をしていたと語る。
 果たせなかった忠義に生き、今もマリアンヌを主と仰ぎ続けるジェレミア。
 ルルーシュはジェレミアを同胞と認める。
・ルルーシュが見たのは、自分を追ってきて重傷を負ったシャーリーの姿。
 父の仇と知ってなお憎むことができず、記憶を封じられてもまた好きになった。
 結末に抗おうと、「死ぬな」とギアスをかけ続けるルルーシュ。
 生まれ変わってもまた惹かれあう運命を信じて、シャーリーは息を引き取る・・・。



〈感想〉
ロロやりやがった・・・のか?
もしやオレンジが殺しちゃったという線もあるかも。
シャーリーが死んでオレンジが味方(?)になって・・・。
色々と「えーーーーーー!?」って感じです(^^;
シャーリーの件はまだしも、オレンジは明らかに変でしょ。
マリアンヌへの忠義とかあり得ない・・・。
そしたら第1期の頃のあの態度は何だったんだと。
これはもしや後から裏切るパターンなのか?
皇帝とV.V.の「人を争わせる神なら・・・」も変ですし。
どう見ても皆して変わりすぎじゃないですかねえ?

ロロはやっぱりお荷物のような気がします。
敵だったのを懐柔して置いておくのはちょっと。
危ない不確定要素は切り捨てたほうがいいんじゃないかなあ。

ヴィレッタがどう出るかとか、神殺しの真相とか。
あと1クールしかないのに、上手くまとまるのかなあ・・・。


スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/985-8be9f8b7
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。