スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ視聴記録:コードギアス 反逆のルルーシュR2 第12話『ラブアタック!』

 2008-07-05
ロロはルルに帽子を奪ってほしかったのか(苦笑)
〈今回のあらすじ〉
・もと機密情報部だった学園の地下室がバレることを恐れた咲世子。
 ルルーシュの影武者として、彼女はシャーリーとキスをしてしまった。
 それだけでなく、人間関係は円滑にせよという指示を勘違い(?)した咲世子。
 週末は幾人もの女の子とデートの予定に・・・。
・卒業記念イベントとして“キューピッドの日”なるイベントを考えたミレイ。
 男女ともハート型の帽子をかぶり、相手の帽子を奪ってかぶれば強制的にカップル成立だという。
・中華連邦への侵攻を画策するブリタニア。
 統一の取れなくなった中華連邦ならば、示威と交渉だけで容易に進むとシュナイゼルは画策する。
 ナイトオブワンはその意見を皇帝に具申。
 「戦争など愚か者のすることだ」と賛同する。
・妙な人間関係に煩わされないために、“キューピッドの日”を利用しようと考えたルルーシュ。
 ルルーシュの相手役に指名されたはヴィレッタは「シャーリーでいいだろう」と抗議する。
 かつて、ヴィレッタはルルーシュを守ろうとするシャーリーに撃たれたこともある。
 だからこそ、余計に身近にいてほしくないとルルーシュは願っていた。
 ゲーム開始前になって、「ルルーシュの帽子を持ってきたら部費を10倍」と喧伝したミレイ。
 ルルーシュにとってはますます苦戦する事態に・・・。
 ロロにギアスを使わせ、ルルーシュはどうにか切り抜けようとする。
・身体能力も高い咲世子を影武者として送り込み、地下から指示を出すルルーシュ。
 アーニャはモルドレッドに乗り込んで学園内を動き始めてしまう。
 ルルーシュを追うものの、熱源探知だけでは確認できない。
 たまたま付近にいたシャーリーと区別できず、彼女を掴もうとしてしまう。
 シャーリーを守った、咲世子ではない本物のルルーシュ。 
 「いつか本当に好きにさせてみせるから」と、シャーリーはルルーシュと帽子を交換する。
・モルドレッド出撃で騒ぎになりかけた学園。
 ゲームが終わり、どこか面白くなさそうなのはミレイとロロだった。
 最後まで華々しく学園生活を送ったミレイ。
 卒業と同時に婚約も解消、“お天気お姉さん”として自らの意志と生き方を貫き続けていく。
 それは他の誰でもなく、ニーナにあてられたメッセージでもあった。
・ギアスをかけた人間に周囲を固めさせている可能性がある。
 それに対抗し、“ギアスキャンセラー”を持ったジェレミアが動く。
 その中で、シャーリーは封じられていた記憶を取り戻してしまう。
 父を殺した仇であるゼロが、ルルーシュであるということを・・・。



〈感想〉
咲世子は天然なのか(笑)
ルルーシュは知ってたみたいですが。
1期のときは全然目立たないなあと思ってたのに。
しかも篠崎流37代目と言ってましたが、どんな流派なんだろう・・・。

というか、皇帝どうしたんだ?
前は弱肉強食で云々とか言ってた人が、「戦争など愚か者のすること」とは。
前回はルルーシュのキャラ変更(?)が気になりましたが、もしかしてこっちも?

何よりも気になったのは、まるで作品のテイストと違うストーリー・・・。
そりゃギルフォードのようにポカーンとしますわ、視聴者としては(笑)
まあミレイが密かにルルーシュを・・・ってのはシンミリな感じもしましたが。
ロロは・・・BL興味ないのでなんとも(^^;
と思いきや最後はギアスキャンセラーという怒涛の展開。
本当に忙しいことで。

そう言えば、コーネリアはギアスのことを誰から聞いたんだろう・・・。
V.V.とは接触してないような感じもしたのですが。


スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/980-3ad94c2b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。