スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ視聴記録:D.C.Ⅱ S.S. ~ダ・カーポⅡ セカンドシーズン~ 第13話『巡りくる季節』

 2008-07-05
1期はフェイクで、これが実力だったりして。
詳しい話は感想欄に。
〈今回のあらすじ〉
・“枯れない桜”が枯れてから、初音島にまた春が訪れる。
 魔法を宿さない、年に一度しか咲かない普通の桜
 その中で、生徒たちは新しい学年へと進む。
 音姫と由夢だけが、そこに本来いるはずの少年のことを思う。
・音姫や由夢だけでなく、微かに義之のことを覚えていた仲間たち。
 彼が確かに存在し、共に過ごしたことを・・・。
・願いを聞き届けないというなら、それは魔法の樹とはいえない。
 なら義之が消えたのもただの夢。
 音姫はいつしかそう考えるようになっていた。
 自分は魔法使いではなく、ただの少女として好きな人を想う。
 音姫はそうやって、薄れゆく記憶に抗っていた。
・大切な人を想う純粋な願い
 それが悲しみしか生まないことを辛く思うさくら。
 まだ意識があるうちにと、さくらは奇跡を願う。
 想いは形となって、枯れない桜に再び花を咲かせる
義之と再会する夢を見た由夢。
 必ず現実になる夢
 一縷の望みを胸に、由夢は枯れない桜を目指して走る。
・再び帰ってきた少年は、音姫から“桜内義之”という名前をもらう。
 再会を果たし、また日常へと戻っていく義之。
 最後の願いを叶えて、枯れない桜はその姿を風の中に消していった・・・。



〈感想〉
とりあえずハッピーエンドで何より、といったとこでしょうか。
これ以外の終わり方をしたら許せませんけど(汗)
でも確実に1期よりは面白かったです。

ただ、やっぱりご都合主義感は否めないかもしれません。
というのも、このテーマが設定されてる時点で「負け」だから。
そもそも、願いの純・不純はどこで線引きされるのか。
線引きをするのは誰なのか。
極端な話、純粋に世界滅亡を願うこともあり得るわけで。
考え出すと小難しいですが、やっぱり願いを叶える魔法なんて便利すぎってことで(^^;
それはD.C.S.S.のアイシアの時で答えが出てるはず、ではありました。
やっぱり「さくらが樹を植え直したのが間違い」ということになっちゃいますね。
その辺はよく分かってたようで、義之の復活をオマケにして消滅しましたが。
純一にとっては不幸というか、他人の罪を一緒に背負う羽目になったわけですが。

ストーリーを取るかキャラ宣伝を取るか、といったあたりで空気な人が出ましたね。
特に小恋、ななかあたりかな?
個人的には「いなくてもストーリーが進むキャラ」と認識してるので問題ないですが(苦笑)
あえて言うなら、全員が義之と再会すべきだったと思うところです。

色々と文句も言いましたが、今作の場合は良く出来てるが故に言いたくなる、みたいな感じ。
ストーリー性がなきゃ言いたくても言えませんしね。
持ち上げすぎと言われようとも、今期ではかなり面白かったと言いたいです。


スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/978-37e2fd67
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。