スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:武装錬金 第12話『カーニバル』

 2006-12-21
LXEのアジトを突き止めたカズキたちは、突入作戦を決行する。
〈今回のお話〉
 ブラボーからLXEの情報を聞くカズキと斗貴子。
人数・規模ともに不明ながら、アジトが銀成市郊外の森の中の別荘にあることが判明。
明朝8時に突入作戦を決行することが決まる。
 LXE側でも錬金の戦士への対応策を練っていた。
ムーンフェイスは「パピヨンを戦わせては」と言うが、Dr.バタフライは「パピヨンは戦力にならない非力な存在だ」と一蹴。その会話を偶然にも聞いてしまったパピヨン本人は、LXEとの決別を覗わせる。
 夜が明け、突入作戦は決行された。
エンゼル御前の話では「地下に研究施設がある」とのことで踏み込んだカズキ・斗貴子・ブラボーの3人だったが、修復カプセルとバタフライの姿は消えていた。
 留守を預かるムーンフェイスによれば、「栄養を補給しに行った」とのこと。
学園の生徒が危険だと判断し、カズキと斗貴子は戻り、ブラボーのみが留まりムーンフェイスと戦うことに。
 学園周辺には謎の濃霧が発生しており、外から入ることもできず、中から出ることもできなかった。
斗貴子はそれを、“金属片の混じった霧、すなわち武装錬金”と判断。
その特性は人の方向感覚を狂わすこと。
エンゼル御前の誘導で学園にたどり着く二人は、生徒を喰おうとする量産された人型ホムンクルスと戦闘を開始する。
 一方、学園内にも“信奉者”が潜んでいた。
彼は「外にいるやつらはすべて化け物」と混乱する生徒たちを煽動し、校舎内に入らないようにと窓から物を投げるよう指示。
それにより、カズキと斗貴子の戦意も次第に減退してしまう。
 姿も顔もはっきりと見えずとも、戦っているのがカズキだと分かった六舛たちは、放送室に殴りこんで信奉者の煽動をやめさせる。
六舛たちと信奉者との会話がマイクを通して校舎内に流れたため、カズキ・斗貴子も戦意を取り戻し、戦闘を再開。
 襲われそうになるまひろたちの前にサンライトハートを引提げ現れたカズキであった。


 まひろを助けに来るのは秋水なんじゃないかと一瞬期待してしまったのですが、仮に味方になるにしても流石にまだ早いですね。
決戦前夜の六舛たちとの買い食いが伏線になっていたのは驚きでした。

 「戦士カズキよ。俺は車の運転ができる」あなたも海水浴に行く気ですか?シルバースキン着用で?(笑)
SD斗貴子が不覚にも可愛く思えてしまいました。
量産型ホムンクルスは「るろ剣」の尖閣ですかね。懐かしや。
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/97-7920e881
  • (アニメ感想) 武装錬金 第12話 「カーニバル」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    武装錬金 5 (5)LXEのアジトがついに判明。カズキ、斗貴子、ブラボーの三人は、アジトへと乗り込みます。しかし、そこにいたのはムーンフェイスのみ。ドクトルバタフライは、裏切りの戦士を復活させるため銀成学園へと向かったのです。その事実を知ったカズキと斗貴子は、...
【2006/12/21 19:49】
  • 武装錬金 第12話「カーニバル」【SERA@らくblog】
    第12話「カーニバル」戦っているのは俺達の友達! 俺達みんなの味方だ――。LXEのアジトに向かったカズキたち。だが、バタフライは銀成学園を襲撃していた。裏切りの戦士を復活させるために…LXEとの決戦
【2006/12/21 23:21】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。