スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ視聴記録:D.C.Ⅱ S.S. ~ダ・カーポⅡ セカンドシーズン~ 第8話『さくらんぼとお兄ちゃん』

 2008-06-01
由夢は視聴者をどんだけニヤつかせる気だろうか。
〈今回のあらすじ〉
・由夢の誕生日を祝ってやれなかったことを気に病む義之。
 そうなるのも運命だったのだろうと、由夢はあっさり義之を許す。
・人々の“黒い”願いが成就しないよう、密かに枯れない桜を制御してきたさくら。
 それでも、その手をすり抜けた黒い願いは島に怪現象を起こす。
 音姫は枯れない桜の木の下でさくらを待っていた。
 願いが叶う桜の木の噂は事実だと明かすさくら。
 今や自分の力ではコントロールが追いつかなくなってきたという。
 桜を枯らすことは難しくはない。
 ただそれをすると、義之も消えてしまうという・・・。
・さくらも交えて、久々に団欒する義之たち。
 真実を知ってしまった音姫は、その空気を楽しめずにいた。
 桜を枯らせば義之も消える。
 義之はさくらの願いから生まれた存在だという。
 外から制御するのは限界だと感じたさくら。
 さくらは桜の木と一体化してしまえばいいと考える。
・純一に髪を切ってほしいと頼むさくら。
 二人は昔話に花を咲かせる。
 あえて何も問おうとはしない純一。
 そうして、さくらは自ら起こした混乱に幕を引く。
  


〈感想〉
主人公が消えるパターンも珍しいような気が。
その上、本人はそうなることも全く知らないという有様・・・。
主人公置いてけぼりで進行しちゃうのも味気ないもんですね。

桜の制御ができなくなったのは何でだろう・・・。
昔はそんなトラブルがあったとは聞かなかったですし。
・・・やっぱり老化できつくなったか(笑)
パッと見は若い、というかロリっぽいのに。
結局消えちゃったのかなあ。
なんか某聖○伝説のストーリーが浮かびましたが。


スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/950-84d05505
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。