スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ視聴記録:フルメタル・パニック! 第20話『ヴェノムの火』

 2008-06-01
もはや敵がガウルンしかいない・・・。
何回出てくるんだと(笑)
〈今回のあらすじ〉
・自らをウィスパードだと明かすテッサ。
 かなめも同じように、オーバーテクノロジーの知識を持っている。
 ウィスパード同士なら、心に語りかけることで共振することもできるという。
 ただし度が過ぎた共振は“個”に戻れなくなると警告するテッサ。
・米軍の施設が武装組織に占拠される。
 敵ASの中には、通常兵器での攻撃を受け付けない紅の機体がいる。
 “ヴェノム”と仮名を与えられたその機体の破壊に抜擢される宗介。
 もし失敗すれば、戦地からは誰も生き残れない・・・。
・6機のASを3手に分け、突入をかける宗介たち。
 順調に運んだ作戦だったが、最後の最後でヴェノムが現れる。
 乗っているのは、宗介の予想通りガウルン
 砂漠の地で彼に敗れ、無残に散っていった仲間たちのことが宗介の脳裏をよぎる。
・ラムダドライバはおろか、一切の回答を示さないAIアル。
 クルツは作戦があるからと、宗介にガウルンを引きつけさせる。
 狙撃でヴェノムの装備を破壊し、ビルを倒壊させるクルツ。
 ガウルンは機体がオーバーヒートしたと降参を宣言する。
 コクピットから降りたガウルンに引き金を引くか否か、宗介は迷う・・・。



〈感想〉
どうも終わった感じがしないなあ。
絶対に何かあるんだろうと思いますが。 
簡単に降参するようなオッサンじゃないだろうし(笑)
と思ってたら予告はとんでもないことに・・・。

アルが反応しなくなったのは意味があるんですかね。
戦意がなかったから反応しなかったとかありそうですが。
久々に戦闘シーンは良く動いてたんじゃないだろうかと。


スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/949-7d2a301e
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。