スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ視聴記録:PERSONA -trinity soul- 第18話『沈む夢』

 2008-05-13
ペルソナ トリニティ・ソウル 第18話感想です。
〈今回のあらすじ〉
・普段と違い、人を遠ざける様子を見せる洵。
 ある日、慎は“赤い少女”と会話を交わす洵を見る。
 少女は洵にアヤネと名乗る。
 一人になりたいと望む洵と、誰かと共にいたいと望むアヤネ。
 二人は互いに求めていた存在だと気付く。
・洵とアヤネを尾行する慎。
 慎は既に、アヤネに気配を読まれていた。
 洵が離れた隙に、アヤネに近づかれてしまう慎。
 意識の迷路に迷い込まされ、映子の死の真相を知ってしまう。
 そして目の前には、行方不明になったはずの諒。
 慎は諒のペルソナを両断する。
・なだらかな草原で洵に起こされた慎。
 洵の声色は、今まで見知った少年のものではなく・・・。



〈感想〉
うーん・・・。
なんだかよく分からない展開でした(汗)
とりあえず、アヤネは能登と合わない気がする・・・。
もうちょっとダウナー系だと思ってたので。

慎がみたものもどこまで現実か分からないですね。
映子が死んだのは情報としては正しいものでしょうけど。
あそこにいた諒は幻覚?

で、望み通りかどうかともかくとして、結祈と入れ替わった(?)洵。
全く先が読めないですね(^^;


スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/940-eac098b8
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。