スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ視聴記録:コードギアス 反逆のルルーシュR2 第5話『ナイトオブラウンズ』

 2008-05-04
あの構造でどうやって変形してるんだろう・・・。
ガンダムとかよりはるかに小っちゃい機体なのに。
〈今回のあらすじ〉
・拘束されていた騎士団員を解放したルルーシュ。
 だがブラックリベリオン時の失踪を疑う者は多かった。
 勝利のための算段だったとだけ言うルルーシュ。
 藤堂や扇は、今でもなおゼロに信頼を寄せていた。
 中華連邦やEUですら敵わない、反ブリタニアの旗頭として。
・復学して学園に戻ってきたスザク。
 ルルーシュが書き換えられた記憶は3つ。
 ナナリーの存在、ゼロの記憶、皇位継承者だったこと。
 ルルーシュは未だそれらの改竄が有効であるフリをすることに。
・ロロを機密情報局から解放しようと手を打っていくルルーシュ。
 他人行儀な言葉遣いはよせと、着々とロロを手駒として懐柔していく。
・エリア11にナイトオブラウンズのうち2人が新たに赴任する。
 ジノ・ヴァインベルグ、アーニャ・アールストレイム。
 彼らを迎え、スザクは戦力の確保に安堵する。
・ミレイの主導で、学園中がスザクの歓迎会を実施。
 学園祭同然の雰囲気の中、ピザに惹かれてC.C.が姿を見せる。
 スザクにギアスのことを教え、皇帝にその力を与えた人間。
 C.C.はそれをV.V.という者の仕業だという。
・人目を避けるため、ルルーシュはやむなくC.C.を隠すことに。
 ところがその場所は巨大ピザ用食材のコンテナの中。
 タイミング悪くそのまま運ばれ、あわや衆目の前へという一大危機に。
・ルルーシュは設備担当の生徒にギアスをかけ、消火用ガスを噴出させる。
 眼くらましの中、C.C.は無事に回収。
 C.C.を回収に来たカレンはその中で、ヴィレッタと遭遇する。
 一瞬の邂逅だったが、カレンには見覚えがあった。
 扇が隠していた関係者。
 彼が誰にも明かしていない秘密を、ルルーシュは知ってしまう。
・ヴィレッタの周囲にはもう味方はいない。
 扇との関係をネタにして、ルルーシュはヴィレッタを引き入れようとする。
・いずれナイトオブワンとなり、日本を委任統治領にしてみせると言うスザク。
 日本には新たに総督が派遣される。
 スザクから電話を引き継いだルルーシュは驚愕する。
 その相手は、行方知れずだったナナリーだった・・・。



〈感想〉
最後でどんでん返し来ましたねえ。
てっきり今回は日常及びギャグ中心かと。
もうC.C.の呼び名は「魔女」か「ピザ女」だけですね(笑)

最悪の場合、ナナリーを敵に回すことになりますが。
でもルルーシュはそうはしないでしょうけどね。
かといって、まさか「戦争反対、スザクが委任統治で終わり」とかは嫌だしなあ。

もちろん、基本的には戦争は反対ではあります。
ただ、ブリタニアは普通の国じゃないときてますから。
そもそも国是として差別を推奨してるわけで・・・。
反対すれば侵攻して占領しちゃうんだもんなあ(^^;
スザクが言うように委任統治ができたとしても、それはエリア11の中だけのこと。
それこそ世界中にゲットーがあって・・・みたいなことは変わらんわけで。
やっぱり「一回ぶっ壊してやり直す」しかないと思うんだけどなあ。

というわけで、やっぱりまだスザクは好きになれません。
ご気分を害された方は申し訳ない。
人柄としては全く問題ないのに、という感じなのですが。


スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/935-f5f7de7e
【2008/05/05 06:28】
  • コードギアス反逆のルルーシュR2 第5話「ナイト オブ ラウンズ」【のらりんクロッキー】
    ギャグとシリアスのメリハリが見事だった好編。 スザクはルルが記憶を取り戻していないか確認するために再びアッシュフォード学園に。 ルルは記憶操作をされているように振る舞い、スザクも今まで通り友人として振る舞うという探り合い。 この時点では緊迫のシリアス...
【2008/05/05 20:22】
【2008/05/06 00:03】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。