スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ視聴記録:フルメタル・パニック! 第16話『故郷に舞う風・中編』

 2008-04-27
わざわざ前中後に分けたのは何でだろう。
〈今回のあらすじ〉
・核弾頭と共に渓谷に入り込み、追手を撒こうとする宗介。
 付近の町に出るのも危険なため、反撃を提案する。
 それよりも負傷した仲間を何とかしたいと言われ、宗介は提案を取り下げる。
・8歳の頃からゲリラ兵だったと打ち明ける宗介。
 その頃、肩を並べた少年兵がいた。
 その少年ことザイードはもう生きていないだろうと語る宗介。
・手術キットを入手するため、打ち捨てられたかつてのキャンプを目指す宗介。
 そのキャンプは以前、ガウルンに襲撃されて壊滅。
 その時もしも偵察に行っていなければ、ザイードたちと死んでいただろうと話す。
・伏兵を置いて物陰から狙撃する作戦を立てた宗介。
 だがその作戦は失敗に終わる。
 ガウルン側には、宗介が死んだと思っている人物であるザイードが付いていた。



〈感想〉
敵側にも地の利を良く知ってる人がいるなら、あとは物量差くらいしかないですね。
どうやって生還するつもりなのか・・・。

ザイードはガウルン側に付くことで生き延びたってことですかね。
主義主張も一切ない、文字通りの戦う機械みたいな。
それとも思惑でもあるのかな。

軍事色が強まったからなのか、何となく持ち直してきた感もあります。
軍隊ものなんだからもっと戦ってくれても・・・と思うんですけどね(^^;


スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/925-2c290cc6
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。