スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ視聴記録:コードギアス 反逆のルルーシュR2 第2話『日本独立計画』

 2008-04-14
藤堂さんカムバック希望。
〈今回のあらすじ〉
・神根島の一件でスザクに破れたルルーシュ。
 スザクはゼロ捕縛の褒美として、ナイトオブラウンズへの加入を認められる。
 ルルーシュは皇帝のギアスにかかり、記憶の改竄を受けてしまった。
 黒の騎士団がほぼ壊滅状態にあり、ナナリーはいまだ行方不明。
 ルルーシュは、いるはずのなかった弟ロロが何者なのか疑問を抱く。
・建物の構造を把握し、指揮官として指示を下すルルーシュ。
 カレンはルルーシュに対し、信じるのはゼロであってルルーシュではないと告げる。
・カラレス新総督の下、無数のナイトメアに囲まれた黒の騎士団。
 残された唯一の退路の先には、総督自らが待ち構えていた。
 ブリタニア軍の中に確認された新型のナイトメア。
 卜部は捨て石となる決意を固めるが、それは間違いだと言うルルーシュ。
 「切り捨てるという発想ではブリタニアには勝てない」と。
 空間を跳躍するように消えては現れる新型ナイトメア。
 卜部はルルーシュに希望を託し、四聖剣としての最期を飾る。
・爆薬の準備が完了し、建物を倒壊させるルルーシュ。
 倒壊のしかたも計算に入れることで、カラレスを巻き添えにすることに成功する。
・ディートハルトが中華連邦に逃れる前に仕組んでいたシステムを利用するルルーシュ。
 中華連邦領事館の力を借り、ゼロとして“合衆国日本”の再建国を宣言する。
・「真実を知るためにゼロを殺しに来た」と領事館前で言うロロ。
 その右目にはギアスが灯っていた。



〈感想〉
神根島の結末が明かされて何より。
とは言っても皇帝までギアス持ちだと判明してしまったわけで。
アーカーシャの剣とか・・・。
皇帝はいったい何を企んでるのだろうか。

「切り捨てるだけでは勝てない」が出たのは正直驚き。
前はダメだったから方針を変えようと思ったんでしょうか。
単に道義的にそう思った、とは考えにくいので。
にしてもいきなり四聖剣の一人が死んでしまうのは実に惜しい・・・。

今後は中華連邦と共同?
今回はギアスで洗脳しただけでしたけど(^^;

随所に第1期の第2話あたりが折り込まれてて懐かしかったですね。


スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/917-bf9d48bb
【2008/04/16 02:19】
【2008/04/16 04:11】
  • コードギアス 反逆のルルーシュ R2  第2話 「日本 独立 計画」【のらりんクロッキー】
    だいぶ謎解きがされた2話でした。 ルルーシュの偽りの記憶について語られましたね。 スザクに苦汁を飲まされブリタニア皇帝に記憶を変えられたわけですね。 それにしても友達を売って出世したスザクって… バベルタワー脱出はすごかった。 敵も全滅させちゃうんだ...
【2008/04/16 21:16】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。