スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:機動戦士ガンダム00 第24話『終わりなき詩』

 2008-03-22
いかにも満身創痍という感じですね・・・。
〈今回のあらすじ〉
戦場で命を落としたロックオン。
彼を失った悲しみや怒りのやり場もなく、刹那たちは苦悩する。
一方、国連軍も被害は甚大だった。
27機あったジンクスは残り12機、スローネツヴァイも行方知れず。
セルゲイたち指揮官は撤退を望んだが、司令部は増援を送るという。

ジンクスを倒して、世界を変えるために動き続ける。
そのためにはまた出撃しなければならない。
マイスターは総意として、スメラギに作戦立案を要請する。

ハロのデータから、ロックオンが最後に戦ったのがサーシェスだと知る刹那。
死の先に神はいない。
亡くなった者たちの思いを継ぎつつ世界と向き合うこと。
それを自身の意思で行わなければならないと刹那は気付く。

まだ死ぬわけにいかないから“そちら”側には行けない。
フェルトはその思いを、亡くなった両親とロックオンに向けて手紙にする。
生みの親がいないクリス、太陽光発電紛争で親を亡くしたリヒティ。
それぞれに過去があり、世界の変革を望んだ。
守秘義務という枷がなくなり、彼らは改めて共に戦う意思を固める。

12機のジンクスとモビルアーマーで向かってくる国連軍。
その金色のモビルアーマーは擬似太陽炉を積んでいた。
パイロットはアレハンドロ。
彼は自ら、ガンダムに終止符を打とうとしていた。
エクシアは強襲用コンテナと共に先陣を切る。
プトレマイオス破壊を目論むジンクスを、キュリオスとナドレが阻む。

強襲用コンテナの攻撃を一切受け付けないモビルアーマー。
その長距離砲撃により、プトレマイオスは甚大なダメージを負う。
砲撃に巻き込まれたキュリオスは、右の手足を失ってしまう。
艦の防御機能を失い、スメラギは迎撃のために強襲用コンテナに移動する。
ナドレはトランザムを発動。
モビルアーマーの遠距離砲撃とジンクスの攻めに苦しむ。
ナドレの両足と左腕を失っても、ティエリアは戦いを止めない。
世界とロックオンのために。
ジンクスと刺し違えて頭部まで失ってしまったナドレ。
ナドレはほぼ全ての機能を失ってしまう。

1機だけの強襲用コンテナで戦い続けるスメラギ。
クリスは「接続したデュナメスのGNドライブがおかしい」とフェルトに言う。
それは、せめて彼女だけでも生かすための嘘だった。
プトレマイオスに迫る1機のジンクス。
強襲用コンテナは分離したが、ブリッジは撃ち抜かれてしまう。
身を呈してクリスを守ったリヒティ。
彼は紛争のせいで、半身が人工物になっていた。
「目の前にこんな“いい男”がいたのに」と自嘲して笑うクリス。
クリスはフェルトに、ロックオンの分も生きて世界を変えてと願う。
ブリッジは爆発し、フェルトは悲鳴を上げる。

モビルアーマーのGNフィールドを相殺しようと突撃する強襲用コンテナ。
だがモビルアーマーはクローを展開し、コンテナを破壊してしまう。
刹那はGNアームズと共に戦いを続ける。



〈感想〉
GNドライブ7機搭載ですか。
いかにも「金に飽かせて」って感じですね。
しかも金色と来てますし。

次回は1期最終回ですが、まさか全滅なんて事は・・・。
予告が果てしなく不吉です(^^;
今回だけでも大分お亡くなりになりましたし。

おそらく次回ちゃんと書くと思いますが、やっぱり「抑止力」は間違っていたのかも。
一番困るのは、アレハンドロみたいなのが抑止力に紛れちゃうことですし。
まさしくその様になってしまったわけですが・・・。
せめて1期の締めにヤツだけでも、と思いたいところ。

そう言えばサーシェスはどうしたんでしょうね。
どうもまだ生きてそうな気がしますが。
母艦には戻ってないそうですけど。


スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/890-b70d7ae2
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。