スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:灼眼のシャナⅡ 第23話『危難の胎動』

 2008-03-22
最終回目前。
個人的には・・・あんまり盛り上がってないです(汗)
〈今回のあらすじ〉
零時迷子を奪ったヘカテー。
ヘカテーはそれを、ダンタリオンの前で沈黙する銀の甲冑へと送る。
封絶によく似たドームの中に閉じ込められてしまった悠二。
その外では、シャナたちフレイムヘイズが突入する手段を模索していた。

戒禁が解け、ヨーハンはその隙にフィレスの宝具ヒラルダを通じて吉田にメッセージを送る。
そもそも戒禁の変異がバル・マスケによるものであり、今や悠二から抜き取られてしまっている。
シャナたちは猶予があまり残されていないと知る。
マージョリーは佐藤に指示し、中に突入できそうな場所がないか探らせる。

シャナたちが来ると信じ、行動を起こす悠二。
零時迷子を取り戻せれば最上、悪くとも打開策を見つけることを目指して走り出す。
無数の燐子に襲われそうになる悠二。
悠二はそれをかいくぐりながら走り続ける。

ドームの中心に穴があるのを見つけた佐藤。
マージョリーは先陣を切って道を開く。
待ち伏せがあるだろうという予想の通り、その先にはシュドナイが待ち構えていた。
彼の攻撃を受け流しきれず、血を流して倒れてしまうマージョリー。

シュドナイ・ヘカテー・ダンタリオンを相手にするシャナとヴィルヘルミナ。
戦いの中、シャナは悠二の存在を確かに感じていた。



〈感想〉
教授が喋ったのは久しぶりでしょうか。
相変わらず何言ってるのかよく聞き取れませんけども(笑)

マージョリーが脱落しちゃったので戦力が少ないですね。
何か1期のラスト付近に似ている感もありますが。
・・・また「天破壌砕でドカーン」とかじゃないといいですが。
さすがにそれだとマンネリになっちゃいますし。


スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/888-bb7688fc
  • (アニメ感想) 灼眼のシャナII 第23話 「危難の胎動」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    灼眼のシャナII 第III巻 御崎市に突如現れた、この世のものではない“殻”。その中に悠二の存在を感じたシャナだが、マージョリーの自在式だけでなく、ヴィルヘルミナのリボンですらその殻には傷一つ付けられない。これほど大掛かりな仕掛けを施せる者とは誰か?シャナ...
【2008/03/22 09:54】
  • 灼眼のシャナII 第23話 「危難の胎動」【風庫~カゼクラ~】
    ヘカテー登場&零時迷子強奪で緊迫感が倍々増!な灼眼のシャナ2。 この後半にかけての盛り上がりはスバラシイ。 ・・・放映終了直後、感情のままに書いた記事消えちゃったよ(涙)。 ま、見直して分かった部分もあったので却って良かったのかもしれんけど。
【2008/03/22 17:19】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。