スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:true tears 第11話『あなたが好きなのは私じゃない』

 2008-03-17
アパートってよりはマンションか団地っぽく見えたなあ。
〈今回のあらすじ〉
比呂美が一人暮らしを初めて1週間。
眞一郎は図ったわけでもないのに、乃絵と会わない日々が続いていた。
比呂美の部屋を訪ねた眞一郎。
雪の降る海が好きだと言う比呂美は、眞一郎を海辺に誘う。
間近に迫った祭は、眞一郎の踊りの練習を褒めた乃絵の記憶を呼び起こす。
ふと、眞一郎の顔を見つめる比呂美。
比呂美は自然と眞一郎にキスをする。

もう一度、最初か友達から始めようと言う愛子。
いつか本気で振り向いてくれるようになるまで、と三代吉は胸に誓う。
愛子もまた、心から彼を知ろうとし始めていた。
『呪いがちゃんとかかってなかった』と乃絵への伝言を託す三代吉。
全く意味の分からない眞一郎をよそに、三代吉は愛子の仕事を手伝うことになったと言う。

比呂美の彼氏として振る舞おうとする純。
不承不承ながらも、比呂美は彼とまた会うことを約束する。
彼との一切の交流を断つと告げるために。
「あなたが好きなのは私じゃない」と比呂美。
純の眼中にはいつも一人しかいないと比呂美は気付いていた。

話すことなどないのに、純からの電話を取ってしまう比呂美。
純は「乃絵が帰ってこない」と血相を変えて言う。
眞一郎への連絡を頼まれた比呂美。
放っておくこともできず、比呂美は眞一郎に連絡する。

比呂美から連絡を受けて、乃絵を探しに出た眞一郎。
学校のニワトリ小屋からは“じべた”の姿も消えていた。
『あなたの飛ぶ場所は“ここ”じゃない』という乃絵の言葉。
それが別れの言葉だったと気付く眞一郎。
それでもなお乃絵を探し続け、眞一郎は海を見つめる乃絵を見つける。



〈感想〉
変な虫に寄りつかれて比呂美が迷惑そうですね(^^;
未だに純の動機が何なのかは明確に語られてないですが。
やっぱり「シスコンじゃヤバイ→とりあえず女つくるか」なのかなあ。
だとすると身勝手もいいとこですが・・・(苦笑)

改めて考えてみると、乃絵の「飛べる」ってのはよく分からないですね。
ともすると「人間は汚れてる」みたいな意味合いにも見えますが。
それでも人間である以上は頑張っても飛べないわけで。
最悪の場合自殺でもしそうな乃絵をどうやって納得させるか。
その辺は眞一郎しだいというとこでしょうか。

比呂美×眞一郎はもう不動でしょうね。
ちゃっかり食器が二人分はあるようですし。
愛ちゃんは三代吉と再スタートのようで。
それはそれで、まあ何もないよりは良い傾向かと。


スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/878-da0eb072
  • (アニメ感想) true tears 第11話 「あなたが好きなのは私じゃない」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    true tears vol.3 祭りの準備で賑わいを見せる町。眞一郎は絵本を書きあげたものの、乃絵に見せることをためらう。一方、乃絵と比呂美は、自分以外の存在が眞一郎の心の中で揺れ続けていることに、やり場のない焦燥感を募らせるばかり。そんなある日、真夜中に比呂美の...
【2008/03/18 01:28】
  • アニメ【true tears】第11話。【どっかの天魔日記】
    『true tears』 ※下記の日記内容には、アニメ本編に対するネタバレの要素が多々記述されている場合が御座います。少しでも気になさる方は御覧...
【2008/03/18 20:42】
  • アニメ「true tears」第11話。【渡り鳥ロディ(旧ぎんいろ)】
    第11話「あなたが好きなのは私じゃない」 純、本当の気持ちに気づかされる。 何かもう、眞一郎が誰を選ぶんだか分からなくなってきました...
【2008/03/19 00:42】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。