スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

オタクの語る就活 第5回

 2008-03-13
卒業目前(2008年卒)のオタクが就活を振り返る企画です。
せいぜい笑ってやってください。
また前回からしばらく経ってしまいました・・・。
なかなかどうして文章を考えるのも大変ですね(汗)
何をネタにするかも難しい所で。

今回は面接の話について少し。
イヤですよねえ、面接。
もう今からやり直してもどこも受かる予感がしないです(苦笑)

まあともかく、面接を受けながら感じたよもやま話でも。
お役に立てれば幸いです。


さて面接と言えば何はなくとも「自己PR」ですね。
ふだんからあまり自己主張されない方は特に難しいと思いますが。
かくいう私もその口でして。
「上には上がいるんだし」とか一度思うと、大きなことっていえないもんで。
根本的に「自分に自信がない」と言えばそれまでではありますが・・・。

しかし状況は就活という言わば「生きるか死ぬか」。
世知辛いと嘆いても間に合いません(悲しいことですが)。
面接全般に言えますが、

謙虚になったら負け

みたいな感じが結構ありましたね。
特に先方の社内ランクが上がってくると。
なので、少しでも長所に思えるものは思い切ってアピールした方が吉かと。
身も蓋もない話、

面接では(いい意味で)バカになれ

に尽きます。
“バカ”というのは擬態でも何でもとにかく「エネルギーがあるように見せる」くらいの意味です。
無理しない程度にテンションを上げるという感じ。
特に役員クラスの面接官には効きます(笑)
何と言いますか・・・それもある意味「ジェネレーションギャップ」なのかもしれませんが。
そのくらいでしか話が合わないんですよね。


あと、自己アピールの時は

最初に“標語”を言った方がラク

です。人によるかもしれませんが。
「私は○○な人間です」とか最初に言っちゃうわけです。
で、その後に実績なり功績なりを説明すると。
どうも会話では先に印象を植え付けたほうがラクみたいで。
その辺、あまり詳しくないままに面接したんで、理論的にはよく分かりませんでしたが。




あとはちょっとした自虐ネタになりますが。
変な話、やっぱり

「コイツ面接ヘタだろ」

みたいな方もいました。失礼極まりないですが(苦笑)

質問例1 家でどう過ごしてますか?

→そりゃもちろん引きこも(ry

まあそれはいいとして、いかにも世間話ですよね。
その人の個性なり特長を知るのには・・・まあいらない話題かと。
他にも聞き方はあるでしょうし。
ぶっちゃけ引きこもりがち(笑)な我らオタ以外でも答え方に困る質問じゃないかなあ。


質問例2 旅行とか行かないの?

→アニメ鑑賞に忙し(ry

半分本気(笑)
というか、これ何の脈絡もなく急に聞かれました。
某社(別に世間的に有名な企業とかじゃないですが)の最終面接で。
そんなんどうでもいいだろうと・・・。

積極性・行動力を知りたいんだろうとは思います。
ただやっぱり聞き方ってもんがあろうに。
旅行なんていかにもオッサンの聞きそうな話題ですよ(笑)
ちなみにバリエーションとしては「海外旅行」になったりします。


困ったちゃん発言例1 自分たちが学生の頃は遊ぶのが仕事だった

→・・・。

えーと、あなた方は誰に学費を払ってもらったんですか?
自分で稼いだんなら言うことないですし、どう過ごしても勝手ですけど。
先方は言うまでもなくバブル世代の様子でした。

なんでこんな話題になったんだろうと申しますと、「過労死について対策は?」って聞いたから。
「もう内定受諾してもいいかなー」と思いながら受けた別の某企業での話です。
曰く、最近の若者たちは遊びを知らないそうで。
過労死するのは「ストレス発散方法を知らないから」なんですって。

な、なんだってーーーーー!!

これが一企業の人事さんが言うことですよ。
名前を公表できないのが残念ですが、もし気付いたらすぐ逃げてください。
どうせロクな職場じゃないですよきっと。


困ったちゃん発言例2 ウチ給料安いよ?いいの?

→・・・おい。

これもまた別の某企業の最終面接でした。
通されたのは最上階の応接間でしたけど。
おそらくそれなりに偉い方ではないかと。

世間じゃ「優秀な学生を云々・・・」とか言ってるのにこの体たらく。
自分で学生逃がしてどうするよ(笑)
仮にも人事面接を通過してきた学生なのに。
あえて隠すのも問題ですが、ここまで明け透けすぎるのもねえ。

ぶっちゃけ、ここまで言われて働きたい学生なんかいねえだろ。

とまあそんなわけで、見つけたらすぐ逃げましょう(苦笑)



まあ世間で会社なんてものは掃いて捨てるほどあります。
それだけに色々な面接官の方もいらっしゃる。
ただ、概してロクなこと言わなかったのは中年かそれ以上のオッサンでしたね(笑)
ちょうど「最近の若者は・・・」が出やすい年齢層ですよ。

かと言って避けて通れないのも事実。
適当に“エネルギッシュな若者”の皮をかぶりつつ、
(先方の)許せる発言、行きたい会社などを勘案するのがいいのかなあと思います。


長くなりましたが、今回はこの辺で。
もう粗方ネタにし尽くしたかなあ・・・。
リクエストもしあればコメント欄にてお知らせください。
それも確実に答えられないかもしれませんが(汗)
相談に乗るという形で善処はいたします。

時期的に(この記事をアップしたのは3月中旬)「もう内定取った」という方も周りにはいるかもしれません。
ですが就活シーズンはまだまだ長いです。
一経験者として、皆様の今後のご多幸をお祈りします。



スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/871-b32038f3
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。