スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:キミキス pure rouge 第22話『time goes by』

 2008-03-12
ときどき目が死んでたり動かない人がいますね(苦笑)
〈今回のあらすじ〉
瑛理子を迎えに行って一緒に登校する一輝。
学園祭の日は二人で見て回ろうと約束する。
校門で二人は明日夏に出会う。
言葉少なに走り去ってしまう明日夏。
その理由に一輝は気付いていなかった。

光一への思いを断ち切って勉強に打ち込む。
そのために居候もやめて仏文科を目指し始めた摩央。
栄二の心配も「もう大丈夫だから」とはね返してみせる。

学園祭の準備もあらかた終わり、映研は前祝いを行う。
飲み物の調達を頼まれた光一と結美。
その間に、他のメンバーは本当の目的のための準備をしていた。
結美のための送別会。
それを最初に思いついたのは深月だった。
結美が引っ越しても付き合い続けるのかと確認する菜々。
羨ましがる面々の顔を、光一はさりげなく観察する。
未練は断ったという顔立ちの摩央に、光一は一抹の寂しさを抱く。
明良曰く、光一は顔に出しやすいから送別会のことを教えなかった。
まさにその通りに寂しげな顔をする光一。
結美は光一の思いに気付き始めてしまう。

学園祭は一緒に回ろうと結美と約束した光一。
摩央が引っ越して、光一はようやく自分の部屋に戻ってきた。
生活感の消えた部屋にたった一つだけ残された『フランダースの犬』。
摩央との思い出があふれ出し、光一は涙を流す。



〈感想〉
光一はどう思ってるんだろう・・・。
摩央に対しても恋愛感情だとややこしいことになりますが。
個人的には姉弟愛か友情っぽい系統であることを祈りたいですが。
光一はもともと星乃さん一直線でしたし。
せっかく摩央も吹っ切ったんだから。

あとは未だに確定しない一輝サイドですね。
もしや二見さんが自ら撤退するなんてことも?
「近すぎて当たり前だと気付かない」ってのをどう解釈したのか。
「一輝は明日夏の大切さに気付いてない」ってところでしょうか。


スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/869-ab36af9b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。