スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:機動戦士ガンダム00 第22話『トランザム』

 2008-03-09
赤くなったら性能も3倍になるのかな(笑)
〈今回のあらすじ〉
右目を負傷してしまったロックオン。
再生治療は時間がかかりすぎるため、彼はそれを拒む。
ティエリアが自責の念で潰れないようにという思いもロックオンにはあった。
デュナメスは修理も追いつかず、ユニットごと交換する必要があるという。
出撃できるのはわずかに3機。

ヴェーダとのリンクが切れた今、マイスターの資格がないと嘆くティエリア。
リンクがなくとも、戦争根絶の意思があれば戦える。
刹那はその最も優れた見本だと言うロックオン。

留美の援助も受けられないまま、スローネをジンクスが襲う。
セルゲイ率いる人革連の連携に舌を巻くスローネ。
ヨハンは煙幕を放出し撤退を指示する。
補給も受けられない状況の中、スローネのGNドライブは限界が迫っていた。

ガンダムは戦争を根絶に導くためのもの。
そのガンダムが、今はジンクスとの紛争を行っている。
世界は未だ戦いの中にある。
「ソレスタルビーイングに沈黙は許されない」とロックオン。
刹那は片道切符を覚悟で地球に降りようとする。
スメラギは必ず戻るように指示し、エクシア出撃の許可を出す。
GNアームズを収容した強襲用コンテナと共に、エクシアは地球へ向かう。

トリニティと接触するサーシェス。
「スポンサーから頼まれた」と言いつつ、彼は一瞬の間にミハエルを銃殺する。
ヨハンは組み伏せられながらも、ネーナを離脱させようとする。
ヨハンにガンダムに乗れと強要するサーシェス。
サーシェスはスローネツヴァイを乗っ取り戦闘を開始。
失意の中、ヨハンは機体と共に散ってしまう。
地球に降りた刹那は戦闘に介入。
敵がサーシェスと知り驚くも、刹那は戦闘を継続する。

ヴェーダ本体を支配下に置いたリボンズ。
最深部には、コールドスリープ状態のイオリア・シュヘンベルグがいた。
世界を手に入れるため引き金を引くアレハンドロ。
その瞬間、ヴェーダのトラップが発動する。
イオリアに悪意を向ける者がいるということは、世界はまだ争いの中だということ。
それでも彼はまだ人類に希望を託すことを望んだ。
本来のGNドライブを持つ者へ希望を託し、“それ”は発動される。

サーシェスに追い詰められていた刹那。
エクシアはこれまでにない高速運動を見せる。
その機体は紅く輝いていた。
GNドライブを持つ者への希望として、イオリアはリミッター解除を発動。
イオリアの意思は刹那だけではなく、プトレマイオスにも届いていた。
大剣を破壊され、サーシェスは撤退。
エクシアのモニターには“トランザム”と表示されていた。



〈感想〉
これまた厄介な・・・。
よりによってあの戦争屋にツヴァイ盗まれましたか。
にしてもサーシェスと繋がってるのは誰なんでしょうね。
アレハンドロにでも雇われたとか?

GNドライブが解放されたわけですが、つくづく刹那たちでよかったと思いますよ。
擬似GNドライブにはリミッターも解放も関係ないみたいですし。
これで生き残れれば言うことはないですが・・・。
ただでさえデュナメス出撃不可能ですし。
しかし3週間あれば眼球も再生できるんですね(^^;

沙慈は・・・どうなるんだろ。
気持ちは分からなくもないですが、どうも筋違いのような。
むしろ恨むならネーナだけのはずだろうと。
絹江さんの件も例の戦争狂の仕業ですし・・・。


スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/863-7d720faa
【2008/03/09 09:29】
  • (アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 第22話 「トランザム」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    機動戦士ガンダム00 3 世界は今、ガンダムを捕獲対象ではなく殲滅すべき相手として見ている。世界統合軍の圧倒的な攻撃の前に、トリニティすら防戦一方に追いやられている。状況は圧倒的に不利。しかし刹那の瞳は、まだ輝きを失ってはいなかった……。
【2008/03/09 22:53】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。