スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:CLANNAD -クラナド- 第19話『新しい生活』

 2008-03-01
1週間ぶりですね。
〈今回のあらすじ〉
生徒会メンバーが一新され、智代は会長に就任。
合唱部・演劇部は顧問兼任での活動許可が下りる。
渚を囲んで行われたささやかな祝賀会。
次の目標は、学園祭に出場することだった。

進路相談も兼ねて家庭訪問すると言われてしまった朋也。
職員室から逃げようとするが、渚に見られてしまう。
練習に付き合ってくれるものと思い込み、朋也を追い回す渚。
校内放送で呼び出され、朋也は職員室に突き出されてしまう。

しぶしぶ家に向かう朋也だが、肝心の父親は留守。
「中で待たせてもらう」と言われ、朋也は「探してくる」と言いつつ逃走。
ところが運悪く渚に見つかってしまう。
渚に見張られて仕方なく家に戻る朋也。
玄関先では、朋也の父と担任が話していた。
保護者の意見を聞きたいと言う担任と、本人が決めることだとしか言わない父親。
渚も、それ以上朋也の背を押すことはできなかった。

親子の絆は存在しないと話す朋也。
渚は気を遣い、朋也を家に招こうとする。
少し距離を置いて考え直すといいと言う渚。
そうすれば、また話をすることもできるだろうと。
荷物をまとめ、家を出る朋也。
朋也の父は、「寂しくなるね」と確かに言葉にしていた。
古河家の客間に通された朋也。
朋也は今までと全く違う生活を送ることに。

演じたい劇もあるし、筋書きも覚えている。
ただ、肝心のタイトルを忘れてしまったと言う渚。
ともかく、学園祭に向けての準備が少しずつ始まっていく。

渚の家は塾もやっているという。
部屋を出されてしまった朋也は、店番を手伝うことに。
早苗は中学校の教師をやっていたと聞かされた朋也。
辞めてしまった理由を、秋生は「色々あって」としか言わない。
そこには何か事情があることを感じさせていた。

両親がいて、いつも賑やかな家庭。
そこにいる自分が不思議な感じがすると朋也は言う。
渚は両親に負い目を抱えていた。
「謝れていないことがある」と言う渚。
何かあるのは間違いないが、自分でもよく覚えていないという。
両親が何かを隠しているのはすぐに分かる。
それを知りたいし謝りたいと、渚はずっと思っていた。



〈感想〉
1週間ぶりで前回のラスト忘れてました(^^;
そう言えば智代が会長になったんでしたね。

まあ晴れて演劇部成立ということでしたが、夏休み前に学園祭なんですね。
進学校らしいから受験勉強にあわせてるのかな?

余分なフラグもあらかた始末した所で(笑)、結末に向けて一直線というとこでしょうか。
この先は朋也の家と渚の家、それぞれの家庭の話になりそうですね。
渚の両親が隠しているのは、渚の体のことじゃないかと。
もともと病弱だったらしいから、何か重病にでもかかったと思うのですが。
それなら一番すっきりするんですが・・・。
「病弱なのは体質だから責められない」→「だから渚には言えない」とか。
朋也の家のほうは未知数だなあ・・・。
どうするのが愛情なのか分からなくなっているような節もありますけど。


スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/847-a1ad6d84
  • (アニメ感想) CLANNAD -クラナド- 第19話 「新しい生活」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    CLANNAD 4 (初回限定版) 幸村が合唱部と演劇部の兼任をすることが生徒会に認められ、ついに演劇部復活の目的を達成した渚達。仲間とともにその喜びを分かち合う、渚と朋也。そして・・・。
【2008/03/01 17:07】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。