スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:狼と香辛料 第9話『狼と羊飼いの子羊』

 2008-02-28
ひつじ大家族(笑)
〈今回のあらすじ〉
旅の途中で出会った羊飼いの少女。
彼女は雇ってほしいとロレンスに言う。
狼を追い払うことができるから価値があるという。
ロレンスはホロの意見を仰ぐことに。
色香に惑わされているのではと疑うホロ。
それはともかく、並の狼になら充分に役立つだろうとホロは言う。
リュビンハイゲンまで2日間、ロレンスは彼女を雇うことを決める。
羊飼いの少女は、名前をノーラ・アレントと名乗った。

羊飼いになって4年ほどだと言うノーラ。
それまで救済院にいた彼女は、後の愛犬と出会ってから羊飼いになったのだという。
いずれは服の仕立て屋になるのが夢だというノーラには資金が必要。
ロレンスのような行商人の護衛はそのための稼ぎらしい。
ノーラの腕前を評価したロレンス。
ロレンスは、もっと給金のいい雇い主をさがしてはどうかと提案する。
ところが、ノーラの雇い主は教会だという。
裏切ることはできないが、教会は副業を禁じてはいない。
ロレンスは街に着いたら他にもいい雇い主を探すと約束する。

リュビンハイゲンに着き、一旦はノーラと別れるロレンス。
ロレンスは税関で、買い付けた武具を現物で納めることに。
ところが税関は武具を運んできたロレンスに奇妙な視線を向ける。
ロレンスは“ローエン商業組合”の商館に向かう。
商館は同郷の商人が集まる場所だった。
一方、街ではロレンスを探し回る男がいた・・・。



〈感想〉
羊飼いって狼払いの役に立つんでしょうか。
襲われたら食われちゃうような気がするんですが(^^;
それとも、そこが魔法使いと呼ばれるポイントなのか・・・?
まあそれは置いとくとしても、何か妙ですね。
時々俯いたりすると、何処となくワケありって感じですが。

鎧って持ち込んじゃいけなかったんですかね。
税関の人、ものすごく不審?そうな顔してましたが。
ロレンスはそれなりの利益を見込んだでしょうけど、もう鎧取引は街では撤退してたとか?


スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/845-892cf8a2
  • (アニメ感想) 狼と香辛料 第9話 「狼と羊飼いの子羊」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    狼と香辛料1<限定パック>(初回限定生産) 教会都市リュビンハイゲンへ向う二人の前に現れた羊飼いの少女。天敵である羊飼いとの対面で警戒するホロに追い討ちをかける様な話しが!ノーラと名乗る少女がリュビンハイゲンに着くまで、自分を雇ってくれないかと...
【2008/03/03 20:20】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。