スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:狼と香辛料 第6話『狼と無言の別れ』

 2008-02-14
とりあえず一件落着?
〈今回のあらすじ〉
水路を追ってくる足音を聞きつけたホロ。
放たれた犬を追い払うため、ホロは狼の咆哮を響かせる。
地下道に逃げたという情報を売られてしまったロレンス。
ロレンスは腕に刺し傷を負ってしまう。

進退窮まったロレンスとホロの前に現れたクロエ。
ホロを手に入れられればミローネ商会の企みは阻止できる。
その上、麦の関税を取り払って村の利益を上げられる。
古い時代とその神とは決別すると改めて告げるクロエ。
クロエはロレンス一人を優遇するくらい容易いと、彼を引き入れようとする。
損得は大事だが、商人にとっては何より“契約”を守ることが命。
故にホロを裏切ることはできないとロレンスは断言する。
かと言って、彼に戦う余力は残っていない。
ホロはやむなくロレンスから血を吸い、賢狼としての真の姿を晒す。
ロレンスにだけは見せたくはなかった、本来の姿を。
追手を蹂躙した後、ホロはロレンスの前から去ろうとする。
彼女に着せた一張羅を弁償させようとするロレンス。
ロレンスは北まででも追いかけて返済させると声を張り上げる。
それは狼への恐怖と戦いながら張った虚勢だった。

ホロは意識を失ったロレンスをマールハイトに引渡し失踪。
多少の損はあっても、ミローネ商会は交渉を有利に進めたという。
ロレンスは取り分をコショウにしてほしいと願い出る。
身に覚えのない請求書を受け取ったロレンス。
そこにあったのは、旅装束と大量のリンゴの代金。
それはホロがロレンスを待っているという証だった。
北まで追ってこられては困ると言うホロ。
借りは返してから帰ると言うホロは、ロレンスと改めて握手を交わす。



〈感想〉
てっきりホロと一旦離別・・・みたいな流れかと思ったのですが。
意外と丸く収まりましたね。
狼になったからって怖がっちゃいかんだろうと思いましたが、「北まで追いかけてやる」は良かったです。

クロエもかなり頭使ったんだろうとは思いますが、まだロレンスには及ばなかったようで。
なんか復讐しに来そうで嫌だなあ(苦笑)
いかにも「やられたら倍返し」みたいな黒さが感じられるんですが。
ホロの牽制が効いているのかどうか。

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/819-e83f2590
  • (アニメ感想) 狼と香辛料 第6話 「狼と無言の別れ」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    狼と香辛料1<限定パック>(初回限定生産) メディオ商会から逃れようと、奪還したホロを連れて狭い地下水道を進むロレンス。しかし、ホロの勘を持ってしても入り組んだ地下水道の出口を見つけることは出来なかった。まるで行動を察知されているかのように追っ...
【2008/02/14 13:51】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。