スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:キミキス pure rouge 第18話『rainy blue』

 2008-02-12
光一ピンチ。
〈今回のあらすじ〉
栄二に別れを告げようとする摩央。
理由を聞く栄二に対し、摩央は光一のことを話す。
ずっと弟分だとしか思っていなかったが本当は違ったと。
栄二には、摩央を引き止めることはできなかった。
雨の中を帰ってきた摩央。
光一には、確かに摩央が泣いていたように見えた・・・。

夏休みも終わり間近の8月30日。
一輝は明日夏に呼び出される。
しかも、一方的に一輝に別れを告げた瑛理子までやって来る。
明日夏は“実験”をおかしいと思いながらも、ちゃんと話はつけるべきだと思っていた。
自分が二人の関係をかき回すのは悪いと、明日夏は二人を呼んだのだった。
明日夏はお膳立てだけして帰ってしまう。

瑛理子は一輝を家に招く。
一輝は瑛理子の真意を問う。
瑛理子は、人がどうして誰かを好きになるのか知りたくて“実験”を始めたと言う。
言葉にはできず、気づいた時にはもう好きになっていると答える一輝。
瑛理子はさらに、なぜ人の気持ちは変わるのかと問う。
心変わり、期待はずれ・・・。
「だったら初めから一人でいればいい」と瑛理子は言う。
それが彼女の持つ“答え”だった。

雨の中を帰ってきたせいで熱を出してしまった摩央。
光一は熱の下がらない摩央を看病する。
ずっと眠ったフリをしていた摩央。
本心に気付いてしまった摩央にとって、光一の優しさは辛すぎた。

摩央が回復するまで、深月を代役にして撮影する映研。
光一は「気になることがあって」と集中できずにいた。

瑛理子の意思は変わらず、一輝はサッカーに打ち込んで忘れようと決めた。
ともかくちゃんと話ができたことを明日夏に感謝する一輝。
明日夏は、一輝と瑛理子の関係が切れてしまったことを後悔していた。
一輝はもう終わったことだと受け止めていた。

結美を駅まで送り、帰路に着いた光一。
光一はバイトに向かう栄二と遭遇する。
栄二は、摩央とは別れたと話す。
その理由は、栄二の口から語られることはなかった。
光一は摩央の真意を確かめようとする。
「何かできることがあれば」と言う光一。
摩央は、そんな光一の“優しさ”を責める。
光一は、摩央が栄二にフラれたと思っていた。
それ故に、二人の関係を修復しようとする。
摩央はとうとう、光一が好きなのだと言ってしまう・・・。



〈感想〉
あーとうとう言ってしまいましたか・・・。
そりゃ言いたくなるのも分かりますけど。
それじゃ光一はどうしたらいいと言うのか。
結美エンド希望者としてはちょっと心配ですね(^^;

一輝は瑛理子の言うことを黙って受け入れたんでしょうか?
すっぱり忘れようとしてるあたりそうとしか・・・。
アレが本人も気付かない強がりだと教えてやらんと。
そうでないと瑛理子が不憫すぎる・・・。

やっぱり栄二は漢でしたね。
光一に「本当はお前が好きらしい」と言ってもおかしくない展開だったのに。
あえて言わなかったのは、言っても摩央が報われないと思ったからでしょうね。
光一には結美がいるってのは知ってるわけですし。
摩央もそれは承知の上でしょうけど、風邪で弱ってたってのもあったのかな?
ただねえ、言ってもどうしようもないんですよね・・・。

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/817-435860d5
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。