スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:true tears 第6話『それ・・・なんの冗談?』

 2008-02-10
確かに冗談で済めば一番いいですけど(汗)
〈今回のあらすじ〉
三代吉が来た途端、機嫌を損ねてしまった愛子。
眞一郎と三代吉は、開店前で邪魔になるからと追い返されてしまう。
三代吉が何かしたのではと疑う眞一郎。
眞一郎は、用事があると言って買い物に付き合わなかったからではと思っていた。
その時まで、三代吉は何も聞かされていなかったとも知らずに・・・。

眞一郎の交換条件を飲んで、本当に比呂美と付き合おうとする純。
それでも比呂美のためだと何とか割り切ろうと、眞一郎は苦悩する。
乃絵と付き合うという実感もない眞一郎。
眞一郎は乃絵に、しばらく一人になりたいと告げる。

純は眞一郎を通して比呂美と付き合うことになった。
勝手に話が進んでしまったことを、比呂美は暗に抗議する。
眞一郎に向けられる比呂美の視線はいつになく鋭かった。

愛子が買ったセーターは眞一郎が選んだものではなかった。
眞一郎が手に取っただけのものを自分で買ったのだと言う愛子。
それは三代吉にとって、より痛手となる一言だった。

比呂美とデートに出かけた純。
純は比呂美に、『早く乃絵と付き合え』と眞一郎への伝言を頼む。
比呂美はその時初めて、眞一郎と乃絵が付き合うのだと知ってしまう。
男女関係にふしだらでは困ると比呂美に釘をさす眞一郎の母。
比呂美は、自分の母親の“あのこと”があるからかと抗議する。
偶然それを聞いてしまった眞一郎。
常々母の比呂美への態度が気になっていた眞一郎は、“あのこと”とは何かと詰問する。
関係ないという母親と、放っておいてと言う比呂美。

眞一郎は思いもよらなかったことを比呂美から聞かされてしまう。
比呂美と眞一郎の父親が同じではないかという可能性があると。
比呂美の本当の父親が、眞一郎の父と同じ。
それを聞いてしまった眞一郎は、ただ呆然と立ちすくんでしまう。



〈感想〉
さすがに異母兄妹説は嘘だと思いたいですね(^^;
まあそれ以上に望ましいのは、「そんなの知ったことか!」って眞一郎が言ってくれることですが。
母親の被害妄想ならそれはそれでいいですが、どうも本当のような気がするから嫌ですね。
前回5話の時点では、母親が仲上家に嫁ぎたくなかったからだと思ったのですが。
むしろそうじゃなくて、不倫したかもしれない夫が信用できないってとこかもしれないですね。

案の定と言うか何と言うか、純を何とも思ってなかったようで。
そりゃあんな上から目線の男だったら誰でも嫌でしょうけど(苦笑)
いかにも嫌そうな態度取ってるんだから、眞一郎にも早く気付いてほしいとこですね。

あとは三代吉・・・。
アレならいっそ告白して振られたほうがまだ良かったんでしょうが。
そもそも告白のときにプレッシャーかけた眞一郎が悪いですね。
あれじゃ無碍に断れないじゃないか・・・。

呑気なのは石動兄妹ばかり。
いや本当は呑気ではないかもしれませんが。
歌いながら料理する乃絵だけ何か別世界のようでした(笑)

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/812-90e1f707
  • (アニメ感想) true tears 第6話 「それ…なんの冗談?」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    true tears vol.1 愛子と三代吉のあやうくも微妙な関係は、セーター事件によって急激な展開を見せる。純の強引さに戸惑いながらも、態度を保留にしていた比呂美は、彼の耳を疑う一言に激しく動揺する。追い討ちをかけるような眞一郎の母の叱責に激昂してしまう比呂美。...
【2008/02/10 14:20】
  • アニメ「true tears」第6話。【ぎんいろ】
    第6話「それ…なんの冗談?」 開けないで――眞一郎を止めた愛子だったが、眞一郎は三代吉の声に答えて店の扉を開けてしまう。無理に来なく...
【2008/02/12 17:45】
  • true tears 第6話【パズライズ日記】
    今回は、眞一郎が衝撃の事実を知るお話。 まさに何の冗談かと言わんばかりの事実は、しかしこういうのでありがちと言えばありがち。 でもそれが事実だとしても、やっぱりあの母親の態度は気に入らないですねぇ。 愛子と三代吉の方もなんだか微妙な感じ。 いよいよ愛...
【2008/02/13 13:12】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。