スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:灼眼のシャナⅡ 第17話『それぞれの道』

 2008-02-09
なるほど確かに池はトーチ化している・・・。
〈今回のあらすじ〉
アウトローに興味を抱き始めた佐藤。
フレイムヘイズの情報網の拠点となるアウトローには、生身の人間も存在する。
自分にも出来ることがあると感じる佐藤と、田中は道を違え始めていた。

零時迷子の変質のきっかけとなった紅世の王・サブラク。
ヴィルヘルミナもかつてサブラクに殺されかけたと話す。
彼女はフィレスとヨーハンに救われ、以降協力関係にあった。
サブラクへの対抗策を編み出しつつあったヨーハン。
だがヴィルヘルミナの不在を狙われ、結果として零時迷子の中に封じられざるを得なくなった。
サブラクは身を潜め、今も零時迷子を狙っている・・・。

アウトローで働かせてほしいと願い出る佐藤。
佐藤に釘をさすように、マージョリーは現状を話す。
各地の拠点が襲撃され、フレイムヘイズも人間も皆殺しに遭っている現状を。
生半可な覚悟では、命の危険にあった際に必ず後悔する。
佐藤の決意の程を、マージョリーは計ろうとしていた。

田中はマージョリーと決別することを決めた。
守りたい存在ができた今、彼は温もりを持って存在している世界にいたいと思うようになった。
道を見つけたことを祝福する佐藤。
命の危険を知らされつつも、佐藤もまた選びたい道を見つけたから。
腰抜けで中途半端だと卑下する田中。
佐藤はそれを否定し、田中が今まさにそれを卒業したのだと告げる。



〈感想〉
田中が脱落ですか。
いや、脱落というのはあまりいい表現じゃないですが。
根本的に田中の決断に賛同できないもんで、どうしてもこんな表現に(汗)
まあ敢えて多くは語りませんが。

今回は小休止みたいな感じだったんであんまり進まなかったですね。
悠二が焦り気味なのが印象的だったくらいで。
というか、明らかにキャラ変わってますね。
戦場でたら真っ先に死にそうなくらいに。

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/809-a1879d6a
  • (アニメ感想) 灼眼のシャナII 第17話 「それぞれの道」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    灼眼のシャナII 第I巻 【初回限定版】 悠二から望んだ新たな鍛錬。それは、ヘカテーが打った刻印で「逃げも隠れもできない」なら、自分が強くならなくては…という意思表示でもあった。時を同じく、自分の道を見つけた佐藤は、共に「マージョリーに付いて行く」と決意?...
【2008/02/10 01:11】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。