スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:シゴフミ 第5話『タダイマ』

 2008-02-03
美しくなければ死ぬしかないのか・・・orz
〈今回のあらすじ〉
中学時代、父親を射殺した美川文歌の事が気になって仕方がない要。
文歌の父は、実の娘に殺されるまでは流行作家・美川キラメキとして有名だった。
要は中学のクラスメイトに連絡を取り、文歌の行方を捜そうとする。

子供のいなかった老夫婦が大事にしていた猫。
その猫への死後文を、フミカとチアキは同時に受け持っていた。
ほぼ同時に亡くなったそれぞれから、言葉も通じない猫への配達。
ナンパを殴り倒して費用を手に入れた二人は、マタタビを買っておびき出すことに。
目当ての猫はなかなか現れず、用もない猫に囲まれてしまう二人。
猫嫌いなフミカにとっては耐えられない拷問・・・。

文歌と仲が良かった旧友・葛西夏香に連絡を取る要。
文歌をどう思っていたか話してくれれば、手がかりを教えてくれるという。
要は、以前に告白して振られたと話す。
夏香は、文歌が湯沢総合病院というところに入院しているのだと言う。
文歌も要が好きだったように見えただけに、夏香は意外性を感じていた。

マタタビの匂いが届かないのかと作戦を変えようとしていたフミカとチアキ。
そんな二人の目の前を悠然と通り過ぎていく目当ての猫。
どんな偶然か、猫は湯沢総合病院に向かってしまう。
病室で眠る、ある少女の姿。
飛んでいたフミカは目を奪われ、姿勢制御を誤って木に突っ込んでしまう。
転げ落ちた先には要の姿。
顔を見られてはまずいと要の目を隠すフミカだが、猫に懐かれ失神寸前。
思わず要の首をひねってしまうが、病院は目の前だから平気だろうと退散する。

解体寸前だった家に逃げ込んでしまった猫。
フミカは姿を消して、無理やり重機を止めてしまう。
猫が目指していたのは飼い主が生前住んでいた家であり、猫にとっても自分の家。
死後文の、中にはその部屋の鍵が入れられていた。
家が解体されるまでの間、充分に別れを惜しめとフミカは告げる。
何気なくフミカの家族のことを尋ねるチアキ。
フミカは、“自分で終わらせた”と言う。

探し求めていた美川文歌の病室にたどり着いた要。
要は自分の父親から、文歌が事件から3年間ずっと眠っていると聞かされる。
それではあの死後文配達人は誰なのかと、要は疑問に駆られる。



〈感想〉
フミカと文歌は同一人物らしいですね。
ぴったり延長線上にあるのかというと微妙に違うみたいですが。
3年間も眠ったままというのは自殺未遂でもしたんでしょうか。
まあ文歌が父親を撃ったのも分からなくはない(笑)
結局、すぐ差別する人ほど一番醜いですしね。

死んだ時点で止まってるのが本来の配達人だそうなんで、チアキは相当若いですね。
というか、作中のようにツルペタとさえ言えるほどの年齢ですが(^^;
「これから始まるような気がした」というチアキが哀しすぎる・・・。
追々フミカの事も明らかになると思いますが、まさか要がここまで昇格するとは。
最初はてっきり1回きりの登場だと思ったんですが。

スポンサーサイト
コメント
こんにちは~。
こちらからのTBがどうも不安定なのでコメントにて。
フミカからあのようなセリフが聞けようとは思いもしなかった5話。いい話なんだけど、なんだか別の作品みたいでした。
紗ちゃん演じる夏香は死亡フラグ立たなかったのでこの後も要がらみで出てきそうですね。
【2008/02/04 09:53】 | のらりんはうす #F7ke9jP6 | [edit]
のらりんはうす様
コメントありがとうございます。

TBが不安定とのことですが、プロバイダの関係でしょうか?
こちらから送る分には問題なかったようですが。
テストがてらTB送らせていただきましたがご容赦ください。

確かにフミカがツルペタなどと言うのはちょっと意外でしたね。
猫嫌いだったりして、なんかこれまでとはちょっと違う雰囲気で。
夏香も文歌とは親しかったようですし、今後もキーパーソンかと思ってます。

それではこの辺で。

【2008/02/04 12:29】 | 会中正康 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/800-45b7b859
  • (アニメ感想) シゴフミ 第5話 「タダイマ」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    シゴフミ 一通目 シュレディンガーという名のネコに贈られたシゴフミを配達することになるフミカ。ネコを袋小路に追い詰め、もう少しで捕まえられる・・・というところに、別地区担当のシゴフミ配達人・チアキが駆けてくる。そのせいで惜しくもネコを逃してしまったフ?...
【2008/02/03 15:01】
  • シゴフミ 第5話「タダイマ」【SeRa@らくblog】
    美しさを至上とする残酷な詩人 美川キラメキ。 気障な言動…こいつが今回地獄流しにあうんですね?(違) 猫を追いまわすチアキに会ったフ...
【2008/02/03 15:47】
  • アニメ「シゴフミ」第5話。【ぎんいろ】
    第5話「タダイマ」 シュレディンガーという名のネコがいる。 そのネコに贈られたシゴフミを配達することになるフミカ。ネコを捕らえようと...
【2008/02/05 00:57】
  • 【アニメ感想】シゴフミ 第5話【ACGギリギリ雑記】
    「タダイマ」 「只今帰りました」の略語であるとして、やはり、報告義務を求められた上で普及した、挨拶言葉なんだろうか? それに対して「...
【2008/02/06 20:19】
  • シゴフミ #05 「タダイマ」【月の静寂、星の歌】
     あの日、千川大輝のシゴフミを届けに来た少女。  あれはきっと美川だった――。  中学の時クラスメイトだった、事件以来姿を消したままの美川。  級友以上の想いを抱いていた野島要は、懸命に行方を捜そうとする。  そして――。 ☆シゴフミ 公式サ...
【2008/02/07 07:09】
  • シゴフミ 第5話【パズライズ日記】
    今回は、フミカが猫を苦手だったと分かるお話でした。 チアキは今回も登場、このままレギュラー化だったら嬉しい限り。 それにしても、まさかフミカが猫ダメだっただなんて思わなかったですよ(笑)。 冒頭はいきなり誰かと思えば美川キラメキなる人物。 これがフミ...
【2008/02/08 00:12】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。