スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:DRAGONAUT -THE RESONANCE- 第17話『咆哮 ―明星の燃えしとき―』

 2008-02-01
ドラゴノーツ ザ・レゾナンス 第17話感想です。
脚本、違った意味で絶好調(笑)
〈今回のあらすじ〉
マスターを失い、暴走寸前のマキナ。
マキナはかすかに残った理性で、ギオたちに逃げろと告げる。
異変を感じ取ったハウリングスターとアマデウス。
ライナ、ジークリンデの二人は、サカキの許可を得ることなく火星に向かう。

ドラゴンが人に毒されていると言うアーシム。
そのためにあアキラをねらったと明かし、アーシムはガーネットにアクチュアライズさせる。
ギオと共に戦いに挑むジン。
ドラゴンが人に、レゾナンスに縛られていると言うアーシム。
だがその実、アーシムが愛や絆を知らなかったことをジンやトアは見抜いていた。
最後の力でアクチュアライズを果たしたマキナはギオの盾となって散ってしまう。
マキナの手を取ろうとしたトアだが叶わず、マキナはアキラと共に谷底へと消える。
トアを狙うアーシムだが、ギオは身を呈してトアを守る。
自らを犠牲にしてアーシムやアガシオンを飲み込んでいくギオの解放された力。
アーシムを守ったのは、常に傍らで彼を見てきたガーネットだった。
ギオはコックピットを切り離し、ジンを強制的に避難させる。
ライナはジンとトアを連れて火星から退避。
火星はギオの力で文字通り火の星と化していた・・・。



〈感想〉
これ、まともに理解できる方どのくらいいるんでしょう・・・?
正直疲れましたよ、もう(笑)

それでも頑張って解釈してみると、あれはギオが自分から暴走したんでしょうか?
それが本来のマスターであるカズキにも伝わったんじゃないかと思うのですが。
というか、カズキ何処にいるんでしょうね。
何ならもう退場していただいて結構ですけども(^^;

何だかんだ言って、結局は「馬鹿な王子様のお遊びにつき合わされました」ってだけなんですよね。
アキラ・マキナは実に理不尽な死に方をしたもんです。
予告にはギオも普通にいましたけど、次回はどうなっていることやら。

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/794-27e91ebe
【2008/02/01 21:02】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。