スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:true tears 第3話『どうなった?こないだの話』

 2008-01-21
すれ違い具合がすごく上手いような気がしますね。
〈今回のあらすじ〉
相変わらず乃絵からニワトリの代わりだと思われている眞一郎。
下駄箱・机・ロッカーとあちこちにニワトリのエサが入れられていた。
一言だけでも文句を、と放課後に乃絵を追う眞一郎。
眞一郎は、バイクで乃絵を迎えに来た若い男性を見る。
結局、乃絵に文句は言えないままだった。

比呂美が乃絵と友達になりたいと言ったこと。
愛子にはその理由が分かるという。
誰かを好きになると、その人にもっと近づきたいと思う。
それがダメなら、せめてその人と一番近い人に。
意味がよく分からなかった眞一郎は、愛子から強烈な蹴りをもらってしまう。
「アンタみたいなヤツを好きになった女の子は大変だ」と。
その“女の子”は、一体誰のことだったのか・・・。
比呂美が誰かを好きになったから、乃絵と友達になりたいと思った。
だとしたら、それが眞一郎だということはあり得る話。
まさかとは思いつつも、ついニヤニヤしてしまう眞一郎。

夜も遅いのに、比呂美に届け物をさせようとしていた眞一郎の母。
眞一郎は自分から率先して比呂美の先を歩く。
入れ替わりに家に戻った眞一郎の父。
「もうウチの子なんだ」と言う父と、未だにそれを認めたくない母。

夜道は危ないし荷物も重いだろうから、と眞一郎。
二人が歩いていた道は、昔の比呂美がはぐれて大泣きしてしまった道。
比呂美はもう覚えていないと言う。
乃絵に何を見抜かれたのか、ずっと気になっていた眞一郎。
比呂美は何食わぬ顔で遮り、ただ眞一郎への礼を口にする。
もちろん、比呂美はずっと覚えていた。
眞一郎が手をとって一緒に歩いてくれたことも。
ただ、比呂美はそれを思い出さないようにしていた。
眞一郎の家で暮らすようになったから・・・。

眞一郎を誘導するかのように撒かれて続いていた例の赤い実。
それは学校の裏庭、乃絵がよく登っている木まで続いていた。
「彼氏がいるのに関わらないほうがいいんじゃないか」と乃絵を遠ざけようとする眞一郎。
木から降りられないと言う乃絵だが、「自分で降りろ」と一蹴。
飛び降りた乃絵は足が痛いと言い、なぜか眞一郎がおぶる羽目に。
乃絵が向かってほしいと言った場所は、ちょうど男子バスケ部の試合が行われている体育館だった。
そこには、眞一郎が見た乃絵の彼氏の姿もあった。
・・・と思いきや、それが実は乃絵の兄だったことが分かる。
とりあえず一安心していたと三代吉に見抜かれ、しかも比呂美の誤解を解いたほうがいいとまで言われてしまう眞一郎。

比呂美を探して校内を歩いていた眞一郎。
やっと比呂美を見つけたと思えば、眞一郎は思わずことを聞いてしまう。
比呂美が好きなのは乃絵の兄だということを。
呆然と立ちつくしてしまう眞一郎。
そうとも知らず、比呂美は眞一郎と鉢合わせてしまう。



〈感想〉
眞一郎かわいそう・・・。
期待が外れたときほどガッカリなこともないですからねえ。
まあ比呂美のアレはお節介を追っ払う嘘だと思いますが。
とりあえず、ヒロイン3人ハーレム状態なのは抗議しておくとして(笑)
愛ちゃんも結局は眞一郎狙いだったとは・・・。

この分だと、乃絵は噛ませ犬ポジション決定でしょうか。
これから比呂美がアクションを起こしてくると思いますが。
まあそうなるにしても、あの母親がいたんじゃ攻めにも出られないんですよね(^^;

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/772-bec1ca76
  • (アニメ感想) true tears 第3話 「どうなった?こないだの話」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    true tears vol.1 赤い実で執拗に餌付けしようとする乃絵に腹を立てた眞一郎は、彼女を追いかけているうちに、見知らぬ男に甘える姿を目撃してしまう。また、愛子から、乃絵を紹介して欲しいという比呂美の真意をほのめかされた眞一郎はひとり舞い上がってしまうのだが...
【2008/01/21 03:47】
  • アニメ「true tears」第3話。【ぎんいろ】
    第3話「どうなった? こないだの話」 下駄箱。机の中。ロッカーの中に仕込まれた、ピンクの紙に包まれた鶏のえさ。 自分を雷轟丸の代わり...
【2008/01/21 19:23】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。