スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:キミキス pure rouge 第14話『summer holidays』

 2008-01-18
瑛理子が寂しそう・・・。
一輝よ、お前はどっちを選ぶんだ(^^;
〈今回のあらすじ〉
結美との思い出作りのためにどこへ行くか。
所持金も少ない光一には海がいいと言う摩央。
バイトして貯金しようかとも考えたが、それでは結美の引越しがすぐ来てしまう。
どこへ行くかより、誰とどう過ごすかの方が大事だと諭される光一。
光一を応援しながらも、摩央はどこか遠くなったような寂しい思いを感じていた。

摩央は栄二のバイト先へ。
栄二が手渡したのは一枚のチケット。
メンバーに欠員が出て、ずっと声をかけられてはいた栄二も出ることになったという。
夢が近づいたことを、摩央は心から祝福する。

練習試合を翌日に控えた日、一輝はサブメンバーに選ばれる。
その夜、一輝は瑛理子から電話をもらう。
「明日、実験しない?」と。
とは言え、一輝にとって練習試合は、自分が変われるかどうかを試す機会だった。
何にしても中途半端だった自分を変えるため。
結局、実験は別の日に。
それでも、瑛理子が電話をくれたことが一輝にとっては嬉しかった。

負傷したメンバーに代わって、一輝は途中交代に指名される。
一輝の奮戦もあり、試合には負けたが惨敗はしなかった。
コーチからも奮闘を評価された一輝。
一輝は明日夏にアドバイスのお礼を要求される。
そんな二人の様子を見て、様子を見に来ていた瑛理子は声もかけずに帰ってしまう。

夏休みはほとんどが映研の撮影だらけ。
明良は、光一と結美が主役をやればいいと言い出す。
拒否権を認めてもらえない光一。
結美は相手が光一ならばと引き受けることに。
帰り道、光一は結美を海に誘う。

明良は、やはり瑛理子と自分たちとでは住む世界が違うと言う。
もし脈があるにしても、放っておけば逃げてしまう。
明良は一輝にそう話す。
瑛理子が気になり、一輝は携帯を手に取る。



〈感想〉
何か一輝がウハウハ状態ですね(笑)
まさしく両手に花ですが、瑛理子は明日夏を敵視してるような感じも。
一輝はといえば、あんまり明日夏にたいしてどうこうってのはない様子。
下手すりゃ修羅場になっちゃいますが・・・。
余談ですが、「変わりたい」と言って一輝が変わったら瑛理子は困るんじゃないかなあと。
瑛理子が惚れた(多分)のは普段の一輝なわけですし。
本当はどうだかなんて分かりませんけどね。

摩央は相変わらず光一に未練があるようで。
この人も立ち位置的には一輝に近いなあ。
個人的な希望では光一×結美なのですが。
大方の予想通りですが、無事に二人とも主役になったわけですし。
せいぜいかませ犬くらいで留まってほしいところです(笑)

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/763-d3901939
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。