スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:機動戦士ガンダム00 第13話『聖者の帰還』

 2008-01-05
新年最初のアニメ感想更新となりました。
本年もよろしくお願いします。
〈今回のあらすじ〉
軍事クーデターは鎮圧されたが、ラフマディは依然として行方不明のまま。
アザディスタンではテロが散発的に起きていた。
政府に協力するユニオン、介入したソレスタルビーイングの他に、別の勢力が存在する。
建設中の受信アンテナに、モビルスーツの物と思しきミサイルが撃たれたのがその証。
刹那は地元民に扮して現場調査に向かう。

刹那と同じように、調査に来ていたビリーとグラハム。
グラハムは身を隠していた刹那の気配に気付く。
咄嗟に地元民のフリをした刹那だが、グラハムは疑いの目を持ったまま。
「君はこの国の内紛をどう思う」と問うグラハム。
戸惑う刹那は、どちらも支持しないと答える。
多くの命が失われると言う刹那に賛同したグラハム。
だがそれ以上に、目前の“地元の少年”自身が戦いに身を置いていると気付く。
後ろ手に銃を握っていると見破り、それでも敢えてグラハムは賭けに出る。
さも自然そうに、ミサイルを撃ったのがPMCから行方不明になったイナクトだと話し始める。
図らずも、刹那はこの内紛にサーシェスが関わっていると知ることになる。

ラフマディは一向に見つからず、暗殺の手はマリナのすぐ手前まで迫っていた。
サーシェスが関与していることから、刹那はある可能性に思い至る。
廃村となった建物を隠れ家にしているのではないかという可能性に。
留美は側近である紅龍を、ロックオンに同行させる。
先行したエクシアの前に現れた青いイナクト。
エクシアが現れたことで、サーシェスは相手が顔見知りの少年であると確信する。
クルジスが滅んだのに、なぜサーシェスが戦場にいるのか。
刹那は問いかけるが、サーシェスは取り合わない。
イナクトは武装を喪失、だが部下にラフマディを移送させていた。

移動するラフマディに先回りしたデュナメス。
紅龍は格闘、ロックオンはライフルによる狙撃で、ラフマディを救出する。
エクシアはラフマディを王宮まで送り届けることに。
それがこの介入の最終段階だった。
ソレスタルビーイングはマリナに対し、ラフマディ送還と停戦のための会談を要請する。

世界が注目する中、エクシアは武装を一切持たずに王宮前に着陸。
警戒して砲撃する護衛モビルスーツにも、一切の抵抗を示さないエクシア。
刹那は、無事にラフマディを王宮に送り届けた。
相手を刹那だと知って呼びかけるマリナ。
「これから次第だ」と、刹那は介入の可能性があることを示唆する。
「戦え。お前の信じる神のために」と刹那は激励する。
待機していたグラハムも、非武装かつラフマディ送還という務めを果たしたエクシアには手が出せなかった。

今回の件が、すぐに紛争解決に至るとは限らない。
留美もそれを承知していたが、戦いとは別の可能性もある。
「人は争いを止めるために、歩み寄ることができる」と留美。

ラフマディは、内紛が外部から仕組まれたものだったと公表。
アザディスタン近代化を妨害する勢力かと囁かれたが、犯行声明もなく正体は不明。
マリナとラフマディは共同声明でテロ中止を要請。
それでも、内紛はまだ終わってはいない・・・。



〈感想〉
グラハム鋭い・・・。
しかし見てると笑ってしまうのは何故(笑)
なんかグラハム見てるとニヤついてしまうんですよね。
刹那が怪しいと見破ったのは、地元民にしては不自然だったんでしょうね。
地元民なら「どっちも支持しない」なんてことは言わないからかな?
刹那も普通にクルジスで育ってたらずっと少年兵として刷り込み教育されてたでしょうしね。
にしてもグラハムの目的って・・・。
何かもう「ガンダム鹵獲!」って言うより、まさしく「大好きなあの人が来ないかなあ」みたいな感じがするんですが(^^;
刹那に賭けてみたくなったのかな?

「今度こそガンダムに」というセリフはどういう意味なんでしょうかね。
「今度こそ」と言うからには、前回の「俺はガンダムになれない」から来ていると思うのですが。
やたらめったら戦えばいいってもんでもないということに気付いたとか?
地味に(かつ真面目に)面白いのは分かるんですが、それを理解できる人はどれほどいるか・・・。
全年齢向けの時間帯ってのはそれがキツイとこですね。
考えてみりゃ、自分も昔は「ガンダム=ヒロイック要素」しか見ていなかったですが。

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/744-99944686
  • (アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 第13話 「聖者の帰還」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    機動戦士ガンダム00 (1) 自分の想いが、行動が、結果と結びつかず、悔しさを噛み締める刹那。国連の軍派遣により、保守派と改革派の対立によるアザディスタンの内情は、より悪化する一方だった。刹那は引き続き、第三勢力の存在の可能性を含め、調査を続ける。施設の破...
【2008/01/05 22:40】
【2008/01/09 15:26】
【2008/01/09 21:28】
  • 機動戦士ガンダム00 第13話「聖者の帰還」【SeRa@らくblog】
    戦え、お前の信じる神のために――。 激化するアザディスタンの内紛。 内紛を誘発する勢力に気付いたロックオンは刹那を調査に向かわせる。 ...
【2008/01/12 10:07】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。