スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:CLANNAD -クラナド- 第12話『かくされた世界』

 2007-12-21
ことみでも笑うんですね。
今までは微笑くらいしかなかったので新鮮でした。
〈今回のあらすじ〉
ことみがずっと借りていたヴァイオリンは、もともと学校の備品ではなかった。
卒業生が置いていった私物だが、それを古いからといって捨てないでほしいと懇願する。

ことみは図書室ではなく、教室に戻るようになっていた。
クラスメイトと触れ合う彼女の様子に、朋也と渚は安心する。

若人が休みに暇を持て余してるのはもったいない。
そう思った杏は、朋也たちをグループ交際に引っ張り出す。
とは言え、男は朋也だけ。
春原でも呼んでくればと提案するが、「バカは一人でいい」と杏。
ことみの誕生日が近いと知って、UFOキャッチャーでぬいぐるみを取ろうとする杏。
朋也の財産を食いつぶすのも時間の問題。
とうとう限界が見えてきたところに、なんと風子が現れる。
どこかで会った気がするが、思い出せる者はいない。
「今は思い出せなくても」と、風子はぬいぐるみを取ろうとする。
ところが風子がとったのは、狙いとは違う星型。
朋也は思わず「それはヒトデじゃなく星だ」と言ってしまう。
「今回はお役に立てませんでしたが」と、風子は去っていってしまった。

ことみを家まで送ることにした朋也。
朋也は一冊の本を手渡される。
ことみはもう読んで中身を覚えてしまったという。
読んでほしいのではなくて、ただ持ってるだけでいいとことみは言う。
ことみは後をつけていた人物の気配に気付く。
そこにいたのは、前と同じサングラスをかけた初老の紳士だった。
朋也はことみを連れて逃げ、何とか男を撒く。
その夜、朋也は不思議な夢を見た。
燃え盛る炎と、為す術もない幼い自分とことみ。
そして必死に火を消そうとする老紳士・・・。

翌朝、バスが事故に遭ったと慌てる渚。
椋ももしかしたら乗っていたのではと焦り、朋也たちは事故現場に向かう。
幸いバスは回送車で乗客はいなかった。
椋は一本あとのバスだったと分かり安心するが、ことみの様子がおかしくなっていく。
恐怖に震えてうずくまり、まるで自分のせいで事故が起きたかのようなことを言って自分を責める。
ことみは学校には行ったものの、一人で早退してしまったという。
保健教諭は、「プライバシーに関わるから詳細は言えない」と言う。
担任も、「言えないからプライバシー」なのだと同様の対応。
本人が言う気になるまで待つしかないが、見舞いに行くくらいなら、と許可を得る。

一ノ瀬家を訪ねた朋也たちだが、応対に出る者はなし。
きっと寝ているのだろうと、とりあえず出直すことに。
何かが引っかかっている気がする朋也は、渚たちと別れて引き返していく。
一ノ瀬家を探るようにしていた、サングラスの老紳士。
朋也は彼を詰問するが、彼がどうも悪人ではないらしいと気付く。
彼はことみの両親の知り合いで、夫妻の研究チームのメンバーだったという。
ことみが言わないのであればと、彼は一ノ瀬家のプライバシーにあたることは隠してしまう。
ことみは老紳士を“悪者”と言っていた。
そのことに、老紳士は肩を落とす。
彼女にとっては今も悪者でしかないということを、改めて思い知らされてしまう。
「許してもらえるとは思わないが、今もあの時のことを後悔している」。
朋也は、老紳士からことみへの伝言を受け取る。

朋也は一ノ瀬家に見覚えがあった。
今では雑草だらけだが、以前は細かく手入れされていた庭。
出会っていたことみの両親。
導かれるように家へと入っていった朋也は、ある部屋のドアを開く。
そこには、壁一面に留められた新聞記事。
その中の一つは、ことみの両親が他界していたことを物語る。
何をするでもなくうずくまることみに、朋也は語りかける。
「会ってたんだな。子供の頃に・・・」と。



〈感想〉
なんで風子が・・・。
ずっとくっついてたんでしょうか、今まで。
しかも誰も覚えてないですし・・・。
何かもろにギャグチックになってしまって、この前のアレは何だったのかと(^^;

ところで、藤林姉妹って別居とかじゃないですよね?
たまたま椋が寝坊したとか、杏が早く出たとか?
「いつも別行動」みたいな変な感覚になったのは私だけ・・・?

あんまり細かい事情は分かりませんでしたが、とりあえずことみの両親は存命ではないと。
あのオジサマが代わりに世話をしてるんでしょうか。
「自分が悪い子だったから」だと思ってるのか、それとも実験のせいで亡くなったのか。
「悪者」と言うからには外部に敵を想定しなければならないわけですが・・・。
さしあたりあの火事の真相が知りたいですが、年末年始でしばらく空くのが残念ですね。

そんなわけで、続きは来年ということになりますね。
多少早いですが、本年はこれまでということで。
よろしければまた来年に。みなさま良いお年を。

スポンサーサイト
コメント
>ところで、藤林姉妹って別居とかじゃないですよね?
>たまたま椋が寝坊したとか、杏が早く出たとか?
>「いつも別行動」みたいな変な感覚になったのは私だけ・・・?



杏は基本的にバイクで通学しているからかと。
【2007/12/23 21:54】 | ばさら #bCX/9bio | [edit]
ばさら様、コメントありがとうございます。

バイクですか。確かにそうですね(^^;
ということは朝の生活リズムがちょっと違うと。
どうもバイクっていうと「どいてどいて~!」が浮かぶんで、あの日は乗ってこなかったのかと思ったんですよね。

ほんとはそういうねちっこくて細かいことなんか気にしないほうがいいんですけどね。
悪いクセ・・・なのかな(汗)

それでは。
【2007/12/23 22:46】 | 会中正康 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/730-2776490d
  • (アニメ感想) CLANNAD -クラナド- 第12話 「かくされた世界」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    CLANNAD 2 (初回限定版) 最近は、図書室に行かないで教室で授業を受け始めたことみ。朋也と渚はその様子を見に行くが、そこには友人達とまだぎこちなくはあるが、クラスメイト談笑することみの姿があった・・・。
【2007/12/21 23:33】
  • CLANNAD -クラナド- 第12話 「かくされた世界」【SeRa@らくblog】
    私たちって、まだあの子の本当の友達じゃなかったのかな――。 ことみは図書室に閉じこもることもなくなり笑顔を見せ始める。 しかし事故を見たことで激しく取り乱す…。 ことみの...
【2007/12/22 09:00】
  • CLANNAD 第12話【おちゃつのちょっとマイルドなblog】
    CLANNAD -クラナド- 第12話、「かくされた世界」。 ゲーム版未プレイでの感想です。 今回は断片ではありますがことみ・ことみ両親に関していくらか事実が明かされました。 ことみの...
【2007/12/22 22:58】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。