スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:灼眼のシャナⅡ 第11話『約束の二人』

 2007-12-15
3日前から泊まりか・・・。
〈今回のあらすじ〉
清秋際3日前、授業はなくなり、生徒たちには泊り込みの許可も出た。
生徒たちはそれぞれ準備に追われていた。
そんな中、悠二は銀の炎を持つことを気にしてしまっていた。
池は今にも死にそうな形相。
「池君の足手まといにならないように」と言う実行委員・藤田に、逆に振り回されていた。
まさか彼を凌ぐ完璧主義者がいようとは・・・。

悠二がシャナだけを見ていたと気付いた吉田。
だからと言って、それを哀しいとは思わなかった。
負けているのは、今まで戦場を駆けてきた絆の分。
吉田はシャナに負けないと確かに宣言する。
周囲には聞こえない、それでいて確かな声で。

清秋祭2日前。
郷土地図に貼られていく御崎市の風景は、どれも二人が駆け抜けてきた戦場だった。
シャナはこれからも悠二と共にありたいと願う。
アラストールでさえ、銀の炎を持つ徒の存在は知らなかった。
この先どうすれば良いか、それは気持ちが教えてくれる。
アラストールは千草の言葉に従うことをシャナに求める。

ヴィルヘルミナが帰還、シャナは人目を避けて夜中に悠二を呼び出す。
零時迷子の戒禁に関する調査は、その作り主にして紅世の王・フィレスを追う旅となった。
フィレスには、零時迷子を宿した永遠の恋人たるミステス・ヨーハンがいた。
二人を総称して、“約束の二人(エンゲージ・リンク)”。
零時迷子によって永遠の時を生きるはずだったヨーハンだが、とある戦いからそれを消失。
フィレスは間もない内に零時迷子を取り戻しに来るだろうと、ヴィルヘルミナは告げる。
戒禁は、フィレス以外の者が零時迷子に触れないための保険。
もしフィレスに見つかれば、悠二は破壊されてしまう・・・。
零時迷子と銀の炎は関係があるのかと問う悠二。
ヴィルヘルミナはそれを知らず、ティアマトーも「虚言撤回」と信じていない様子。
アラストールは、銀の炎と零時迷子は無関係だという。
悠二には、零時迷子と銀の炎という二重の試練がかかっていることになる。

清秋祭前日。
生徒たちは銘々に準備を終え、翌日を迎えるのみとなった。
池だけは多忙から逃れることができないままだったが・・・。
悠二の頭には、ヴィルヘルミナが隠していることが引っかかっていた。
フィレスの存在、銀の炎、さらに隠された何か。
シャナは悠二に、“立ち向かうこと”を誓わせる。
何があっても立ち向かう。
悠二は強く意思を込めて、その言葉を口にする。



〈感想〉
3日前から授業なしで泊まりありって・・・。
自分が高校生の時は前日だけでした。授業なしの日。
しかも泊まろうとしようもんなら生徒指導の先生に怒られただろうな・・・。
悠二たちの高校が羨ましいっす。
しかもシャワーと布団つきだし。

結局、銀の炎の徒って何なんですかね。
「聞いたことがない」って・・・?
原作知らないので余計に意味不明で(^^;
じきにフィレスが来るみたいですし。
声がやたらボーイッシュに聞こえた気もしますが(何せ井上麻里奈だし)。

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/720-b43e130b
  • (アニメ感想) 灼眼のシャナII 第11話 「約束の二人」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    Megami MAGAZINE (メガミマガジン) 2008年 01月号 [雑誌] 御崎高校学園祭「清秋祭」まであと3日。教室を使った研究発表、屋外テントでの模擬店、そして仮装パレードの衣装作り。準備に忙しいのは悠二のクラスだけではなく、クラス単位で泊まり込みを含めた作業が行な?...
【2007/12/16 06:41】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。