スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:げんしけん2 第10話『オタク・フロムUSA』

 2007-12-14
大野さん・・・斑目のことどんな風に言ってたんだろう。
すっかり総ウケキャラで通ってましたね(笑)
〈今回のあらすじ〉
コミフェス当日の打ち合わせをする笹原・大野・荻上。
原稿を見たかった大野だが、もう入稿は済ませてしまったという。
コピーもあるにはあるが、「本になってから」と見せたくない様子。
その上、笹原は製本されても見てはいけないと言われてしまう。
誰しも見られたくないものはあるだろうと、納得するしかない笹原。
どうも噛み合っていない様に見える笹原と荻上。
大野はそれが気になって仕方がなかった。

その日、斑目は一人で部室にいた。
と、そこに入ってきたのは外国人の女性。
わけも分からず混乱する斑目だが、後から大野が入ってくる。
それともう一人、長髪の少女。
二人は大野の留学先の友人、アンジェラとスザンナ(スー)だった。
連絡もなしにいきなり来日して、コミフェスに行きたいと言って来たという。
そんなわけで、大野は売り子に行かれなくなってしまう。

田中に色仕掛けで無理矢理に衣装を作らせようとするアンジェラ。
スーはスーで、田中の未製作のガンプラを勝手に漁っていた。

言葉が通じないためアンジェラやスーを警戒していた斑目。
警戒していたはずだったが、どういうわけかアンジェラと部室で二人きりになってしまう。
大野が来るまで何とか持たせなければならない斑目。
言葉もそれなりに通じていたつもりだったが、会話レベルになるともう限界。
斑目の指に興味を示し、やたらと迫ってくるアンジェラ。
パニック寸前というところで、咲と高坂がやって来る。
咲は英語が話せるが、高坂は日本語。
ところが、日本語で話しかければ日本語で返してくれると分かって落ち込む斑目。
ようやくスーと大野も到着。
スーは開口一番、斑目を某メガネキャラに例えて皆を笑わせる。

アンジェラは斑目の秘めた想いに気付いてしまった。
それを知っているのは、斑目本人を除いては彼女だけなのかもしれなかった。



〈感想〉
字幕ないと全然わかんないっす(^^;
リスニングとか苦手だったしなあ・・・。
センター試験もリスニング導入前だったし。
そう考えると今の受験生の方々はすごいな、と。

気付けばもうあと2回しかないんですよね。
どの辺で終わるんだろう・・・笹原が就活終わるまでくらい?
そうだとしても中途半端な締めになりそうですが。

8月号は「August issue」って言うんですね。
editionしか思い浮かびませんでした(爆)
「issue=問題」としか記憶してない自分orz
もう笑わば笑え、って感じですね(苦笑)

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/717-4e8226c1
  • (アニメ感想) げんしけん2 第10話 「オタク・フロムUSA」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    げんしけん2 第1巻 コミフェス直前の夏休み大野と笹原は、荻上の家を訪れる。荻上が参加するコミフェスの手伝いの打ち合わせをするという名目だった。とは言え決める事など集合時間くらいしか無いため、会話は自然と荻上の原稿の内容に移っていった。大野はあの手この?...
【2007/12/14 00:36】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。