スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:レンタルマギカ 第10話『ホムンクルスの涙』

 2007-12-11
原作未読組にはちとキツイ感もありますが。
〈今回のあらすじ〉
アストラルはラピスの襲撃を受ける。
いつきはバジリスクの瞳の眼光に目を射抜かれてしまう。
ラピスに一撃を見舞ったのはソロモンの召喚獣。
死んだと聞かされていたアディがそこにいた。
アディはいつきの視力を回復させ、ラピスと対峙する。
だがラピスは役目を終え、アストラルから撤退する。
いつきの視力を回復したのは、“ホルスの眼”というイーブルアイ(evil eye)除けのお守り。
それはアディが魔力を回復するために作ったものだという。

いつきは嬉しさのあまりアディに抱きつく。
表現方法を考えろと、みかんやまなみに叱られてしまう。
だが当の本人はそれほど嫌でもなさそうな様子。
ラピスが撤退した理由を考えていた猫屋敷。
敵の狙いが遺産のケースを持った穂波であると、いつきたちは気付く。

ユーダイクスに捕らわれてしまった穂波。
穂波は、アストラルにアディが加勢したと聞かされる。
スーツケースを開放するユーダイクス。
もともとそのケースはユーダイクスが作ったものだった。
故に、鍵がなくとも開けることが出来てしまう。
中にあったのは、伊庭司の名が書かれた一冊のノート。
自動人形であるユーダイクスには、本来ならば魔術決闘に参加する資格はない。
まして、魔術結社の首領になることも出来ない。
始めから協会をも謀っていたユーダイクスだが、アディが生きていればそれも明らかにされてしまう。
彼は心底、伊庭司という存在に心酔していた。

アディはユーダイクスが自動人形であるという証拠を持っていた。
彼が出した“部品発注書”を証拠に、協会に判断を仰ぐべきだと言うアディ。
いつきは「それでは間に合わない」と、あと1回残っている決闘を優先する。
ユーダイクスの居場所に心当たりがあると言ういつき。
いつきは社長として、ゲーティア首領であるアディに取引を申し出る。

穂波は侵入者が現れたことを知る。
いつきだろうと考え、自らの血を以て結界を解除する穂波。
穂波を助けに来たアディ。
あえて力量不足のいつきに加勢しなかったのは、彼自身が穂波を助けることを望んだから。

いつきはラピスに渡していた名刺を頼りに、ユーダイクスの居所を突き止めた。
本来なら無効である決闘と知っても、いつきは最後の決闘を望んだ。
きっかけこそ成り行きでも、それが社長を続けると決めた彼なりのやり方だった。
いつきは妖精眼を使用しないまま、猫屋敷たちに指示を出していく。
ユーダイクスはラピスに埋め込んだバジリスクの瞳を抉り出し、自らの魔力でそれを使用する。
呆然とするラピスに、役に立たないならもう片方の目も抉って廃棄すると告げるユーダイクス。

ユーダイクスはラピスをも取り込んでバジリスクを呼び出す。
以前いつきたちが見たのは、ユーダイクスが保管していたバジリスクの瞳が呪波汚染でかつての姿を取り戻したもの。
いつきは穂波との約束を破り、妖精眼を解放。
バジリスクの瞳は見ず、いつきは近づいていく。
「欲しいものには手が届かない」というラピスの言葉の意味に気付いたいつき。
いつきは司にはなれないし、まだいつき自身にもなれていない。
ユーダイクスには父に、そして父が胸を張れる人であってほしいと告げる。
いつきはアディから貰っていた“ホルスの眼”の力と合わせてラピスを解放する。

ラピスはいつきの下には行かず、あえてユーダイクスに寄り添うと決めた。
そのラピスからアストラルに手紙が届く。
「妖精眼を知るためには、オリジナルグリモアを当たれ」とのこと。
ユーダイクスは錬金術を見つめるため、ラピスとエジプトに渡っていた。
元気にしているという文言に、いつきたちは安心する。
アディは「正式な契約書を交わしに来た」と言ってくる。
いつきとの取引の材料になった、ユーダイクスが持っていた2割の経営権を引き継ぐ、というものだった。
穂波は勝手に話を進めたことに腹を立て、契約書を破棄してしまう。
手紙には、ユーダイクスと笑顔でいるラピスが写った写真が同封されていた。



〈感想〉
結局、何だかよく分かりませんでした(^^;
要は「もう2代目だから先代の人はどっか行けよ」って事なのかなあ・・・。
実際は原作読まないと分からないですね。
「僕は僕になっていない」ってのが特に理解しづらくて(というか出来てないです)。
余談ですが、「2代目」って響きで双葉恋太郎を思い出しました。
ほんとどうでもいい話ですが。

ラピスはユーダイクスとエジプトですか。
あの写真は誰が撮ったんだ・・・使い魔とか?
ユーダイクスは結局アストラルからは手を引いたんでしょうか。
一応アストラルの勝ちってことで落ち着いたと思いますし。
その辺も本当は描写がないので分かりませんが、多分そうでしょう。多分(苦笑)
ユーダイクスの変化は一番知りたかったのですが、ちょっと残念でした。

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/714-842d9dbc
  • (アニメ感想) レンタルマギカ 第10話 「ホムンクルスの涙」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    レンタルマギカ アストラルグリモア 第I巻(限定版) 現われたユーダイクス。危険を感じ取った穂波は、自らが囮となりユーダイクスと対峙する。その頃、いつきの元にはラピスが出現。バジリスクの眼を持つ彼女は圧倒的な力を発揮するのだった・・・。
【2007/12/11 18:43】
  • レンタルマギカ 第10話「ホムンクルスの涙」【SeRa@らくblog】
    遺産とともに攫われたホナミ。 イツキは最後のフェーデを挑むが、ユーダイクスは非情にもラピスの瞳を奪う。 妖精眼VSバジリスクの邪眼! 錬金編最終話。 ユーダイクスもまた...
【2007/12/13 00:39】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。