スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:レンタルマギカ 第9話『父を継ぐ者』

 2007-12-04
第7話からの続きみたいですね。
なんか前回変なのが入りましたから・・・(笑)
〈今回のあらすじ〉
ユーダイクスの工房に忍び込んだアディ。
アディは脱出を試みるが、ラピスがその前に立つ。
ラピスに埋め込まれたバジリスクの瞳を見てしまったアディ。
それでもただでは倒れず、刺し違えてバジリスクの瞳を破壊する。
ユーダイクスとラピスは新たなバジリスクの瞳を求めて日本に出立しようとしていた。

影崎は先代社長・伊庭司の遺産を持ってきた。
協会側は2代目であるいつきが社長に足る人物と判断した。
だが、いつきは不適格だとして相続に意義を唱える人物がいるという。
その人物は、いつきの代わりに相続権を主張していた。
「話し合いの場を設けた」と飛行船を用意してきた影崎。
そこに現れたのは、代理人としてユーダイクスの言葉を携えたラピスだった。
魔法使いとしてのあり方を受け入れたいかと問うユーダイクス。
事情からいつきを担ぎ出すことになってしまったが、そこから解放してもいいという。
いつきはもう社長としての覚悟を決めていた。
「会ったばかりの人に任せられるわけがない」といつき。
ユーダイクスは遺産を賭けた決闘を提案する。
アディとの一件を匂わせるユーダイクス。
決闘に応じるなら、そのことについて話してもいいという。
誓約書を差し出す影崎。
決闘は遺産の入ったアタッシュケースを賭けて3度まで。
最終的に所持していたほうに、影崎が鍵を渡すという。
そしてアタッシュケースはアストラルに渡された。

アディは死んだと言うユーダイクス。
その仇を討とうとする穂波とラピスの間で、1回目の勝負が始まる。
アディを手にかけたユーダイクスを許せないいつき。
いつきは妖精眼を解放し、穂波に指示を出す。
ラピスは逃走しようとするが、いつきは穂波と後を追う。
ラピスとユーダイクスとの接続を断ち切ったが、いつきは意識を失ってしまう。

妖精眼はいつきの体を蝕んでいた。
穂波の治癒で症状を抑えることはできたが、いつきは自身の危機以外での妖精眼の使用を禁じられる。
アストラルはユーダイクスの襲撃を受ける。
咄嗟に猫屋敷は結界を張るが、建物は半壊。
穂波は遺産のケースを抱え、単身ユーダイクスのもとへ向かう。

ユーダイクスはいつきが妖精眼を得た屋敷にいた。
いつきの眼帯を作ったのもユーダイクス。
穂波はユーダイクスの命を条件に、妖精眼の治療法を聞き出そうとしていた。
だがユーダイクスは人ではなく、機械人形だった。
アストラルの危機を案じるも既に遅く、穂波はユーダイクスに意識を断たれてしまう。



〈感想〉
3回勝負の決闘ですけど、どこまでが1回なんでしょうね。
とりあえず1回目はアストラルの勝ちってことかな?
2回目はどうなるのか・・・。

アディもまさか死んでるとは思えないですね。
というかこれは「ピンチに颯爽と現れる」フラグでしょうし(笑)
穂波のいないアストラルの救援にでも来てくれるんじゃないかと期待。

しかしあの呪いは雑だと思うのですが。
一応呪いだとは分かりますけど、蚊取り線香とか落書きくらいにしか(^^;

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/701-f941064d
  • (アニメ感想) レンタルマギカ 第9話 「父を継ぐもの」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    レンタルマギカ アストラルグリモア 第I巻(限定版) アストラルの元を訪れた影崎。彼は、協会が預かっていたいつきの父の遺産を渡しに来たのだと言う。だが、それは正統な相続者にのみに渡されるもの・・・影崎は、いつきが二代目を引き継ぐことに異議を唱えるものが現?...
【2007/12/05 02:48】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。