スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:D.C.Ⅱ ~ダ・カーポⅡ~ 第9話『恋模様大和路』

 2007-12-02
どうも雲行きが怪しい・・・?
〈今回のあらすじ〉
奈良への修学旅行に出発する義之。
さくらは“旅のお守り”としてペンダントを義之に手渡す。

音姫に事前学習として知識を叩き込まれたはずの義之。
ところが、全くと言っていいほど頭に残っていなかった。
小恋は義之のために頑張ってガイドしてくれるという。
二人はあまりの無防備さに、「新婚旅行じゃないんですけど」と茶化されてしまう。

奈良公園で鹿と戯れる小恋。
義之はふと、美夏も動物が好きだったと思い出す。
「連れて来れれば良かったのに」と言う義之に、小恋はどこか浮かない顔。

渉や杉並たちが一緒だったため、義之との時間がほとんど取れなかった小恋。
本当に付き合っているのか、それとも実際はこんなものなのか。
小恋は“恋人”という存在に特別さを感じないことに戸惑っていた。

渉は義之をエサに女子部屋訪問に乗り出す。
その頃、茜と杏も小恋を連れて夜這いに行こうとしていた。
沢井は手厳しく、不純異性交遊を禁止する。
そこへ布団に包まれて縛られた義之を担いで入り込んでくる渉たち。
まがりなりにも義之が来てくれたことに小恋は喜ぶ。
渉は強引ついでに、自分たちの部屋を義之と小恋に提供してくれるという。
その意味がなかなか分からず、気づいた時には大声を上げてしまう小恋。

部屋を訪ねてきた仲居さんは量産されたロボット・μだった。
「情緒が台無し」と一人だけ不服そうな沢井。
「俺んちにも居てくれたら」と言う渉だが、沢井にとっては冗談にすらならない。
「居たら楽しい」と言う渉を、軽蔑さえするという。
美夏のこともあって、それを見過ごせなかった義之。
事情を聞こうとするが、無碍に突っぱねられてしまう。

翌日は法隆寺へ。
人が作ったものでありながら、どうして仏像は拝まれてロボットは蔑まれるのか。
心を持つことがいけないのか、と義之は呟く。
由夢に冗談半分に頼まれた鹿の角の高さに驚く義之。
小恋は、ことごとく鈍感な義之にショックを受ける。

最終日を前に、小恋は義之を誘う。
義之と行きたい場所は、縁結びで有名な春日大社。
二人だけで行こう、と約束する義之。
いつの間にか、“野次馬”たちの姿はなくなっていた。

様子見をかねて、由夢に電話した義之。
義之は由夢から、あまり良くない報せを聞いてしまう。



〈感想〉
義之が鈍いってのもありますけど、小恋も夢見すぎですかね。
こういうのもきっとマスメディアの洗脳のせいに違いない(笑)
まあそれは置いとくとして、小恋と別れたり・・・はなさそうでしょうか?
さすがにもう9話まで来ちゃいましたし。
よりを戻して(というかその前段階まですら行ったのかどうか)終わる感じでしょうね。
美夏ルートで終わるってのは小恋ルート以上に考えにくいですし。
あくまでも個人的意見ですが(^^;

どうも委員長が持ってるらしいロボットに対する問題もありますね。
これを解決しないことにはどうにも後味が悪いのですが・・・。
ことによると「ロボットと感情」というやけに重いテーマですし。
D.C.の世界観が扱うにはちょっと重すぎて小恋の出番がなさすぎですね。

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/697-ef5d758d
  • D.C.II ~ダ・カーポII~ 第9話 「恋模様大和路 」【SeRa@らくblog】
    はじめての二人の旅。素敵な想い出にしようね。 でも修学旅行だから二人じゃないんだけどね…小恋ちゃん(^^; 行き先は大和路――奈良。 さくらさんが義之に絶対手放すなと渡したペンダント。 …何かイベント起こる予感
【2007/12/03 22:04】
  • (アニメ感想) D.C.II ~ダ・カーポII~ 第9話 「恋模様大和路」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    D.C.II~ダ・カーポII~ Vol.0 修学旅行へと出発した義之。友人のわたるはこれを機会に女の子との交流を深めたいと楽しそうに話す。一方の小恋も友人の後押しを受け、義之との関係の進展させようと努力するのだが・・・。
【2007/12/03 22:23】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。