スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:げんしけん2 第8話『こすけん』

 2007-11-30
「げんちょけんの部屋」って作中ではどういう扱いなんだ(笑)
〈今回のあらすじ〉
荻上にコミフェス参加当選通知が届く。
斑目たちが卒業し、笹原が部長を引退。
大野はイベント用と新歓用の衣装選びに余念がなかった。
大野の衣装を見ているうちに、荻上は以前に咲の話術に乗せられてコスプレしてしまったことを思い出す。
人前に出るのは恥ずかしいが、それも自己表現のうちだと大野は言う。
荻上は遠まわしに、自分でBLを書くのが恥ずかしいと言いかける。
それを察した大野は、「コスプレしまくって恥ずかしさに慣れればいい」と喜ぶ。
自分の妄想を世に出していいものかどうか。
参加資格を得た荻上はプレッシャーに悩んでいた。
好みの問題もあるから、全員が喜ぶことはないだろう。
それでも、確実に喜んでくれる人はいるはず。
「自分が嫌い」だと言う荻上だが、大野は荻上が好きだと言う。
オタク嫌いを公言しても生粋のオタクだったり、どこか憎めない所が。
好みが知りたいし、語り合いたいと思う。
だから本が出来たら見せてほしい、と大野。

身内レベルならコスプレしてみてもいい、と荻上。
さっそく、大野は田中のお手製衣装を提供する。
強引に着替えさせられてしまった荻上。
折しも笹原が来て、それを見られてしまう。
逃げ出そうにも、部室の外のほうがもっと危ない。
すっかり進退窮まってしまった荻上だった。

新入生の呼び込みをする大野たち。
朽木は謎の態度で見学者を逃がしてしまう。
大野は朽木に「部室にもどれ」と命令。
必死に取り繕おうとするが、問答無用で排除されてしまう。
部室には一人でポスターを描いていた荻上がいた。
朽木を見るなり舌打ちし、部室から立ち去ってしまう・・・。
新歓ブースに来た荻上は朽木のことで不満タラタラ。
仲を取り持とうとした笹原だが、「無理です!」と何とも息の合った返事をする大野と荻上。

咲に「普通にしてみなよ」とアドバイスされ、朽木が戻ってくる。
大野と荻上には相変わらず邪険にされたまま。
笹原は朽木を残して離れてみることに。
朽木はふと、コスプレ衣装を物色する怪しげな男を目にする。
男が衣装を盗むのを見て、朽木はすかさず後を追う。
すっかり逆ギレ勝負になってしまったものの、朽木は衣装を取り返すことに成功。
ところが犯人の顔も覚えておらず、あげく大野には勘違いされる始末。
さすがに我慢ならず、朽木は取り返した衣装を自ら着込んでしまう。
大野はもう完全にヒステリー状態に陥っていた。

朽木の濡れ衣は解消された。
だが新会員はとうとう現れず、会長もショックは深かった・・・。



〈感想〉
盗んだ衣装は本来どこへ行くはずだったんだろう・・・。
あれってもしかして売れたりするんですかね?
さもなきゃ自分で着るのか(笑)
まあいずれにせよ朽木お手柄ということで。

今回は高坂がでませんでしたね。
咲とか笹原もそのうち顔出さなくなっていくんでしょうか。
やっぱり会員3人はちょっと寂しいですね。
しかも唯一の男は朽木ですし(苦笑)

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/692-77b8e300
  • げんしけん2 第8話 「こすけん」【SeRa@らくblog】
    夏のコミフェスに当選した荻上。 でも、やおいを書くのは恥ずかしい。 相談された大野は、コスプレも同じで恥ずかしいけど自己表現方だと諭す。 …一番恥ずかしいのは、クッチーの存在そのもだと思うけど(笑) サブタイ
【2007/12/01 11:27】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。