スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:機動戦士ガンダム00 第8話『無差別報復』

 2007-11-25
刹那は実は激情型かオッチョコチョイだったり?
〈今回のあらすじ〉
ソレスタルビーイングが武力介入を止め、武装解除すること。
それが達成されるまで、無差別なテロが続くという声明が出された。
人々の代弁者であり、力で世界を押さえつけるものへの正義の反抗。
テロにひときわ憎悪を抱くロックオンは静かに怒る。

AEU・ユニオン・人革連の全てが標的になった。
留美は諜報員を送り、国際テロ組織の拠点を探らせる。
複数の拠点を同時に殲滅するため、ガンダムはそれぞれ待機地点に移動する。

外遊中のマリナにい不吉な報せが入る。
議会の紛糾で、保守派と改革派が衝突したという。
やがては民衆の内乱にもなりかねないと、マリナは胸を痛める。

遠い世界の話だと思っていた戦争。
テロを間近で見てしまったことで、沙慈は世界に目を向けるようになった。
ジャーナリズムの世界にいる彼の姉もそれは同じ。
世界から戦争をなくすのは無理なのではないか。
沙慈はそんなことを考えていた。
その裏に別の目的があるのではないか。
沙慈の姉はそう話す。

神の名のもとに、かつての刹那の友人は戦死した。
「死の果てに神はいない」と刹那は呟く。
スコットランドでテロが起こり、最も近くにいた刹那は組織の後を追う。
刹那は銃を撃つが、実行犯の車には防弾装備が施されていた。
取り逃がし、さらに警察に尋問されそうになる刹那。
刹那を助けたのは、郊外に避難しようとしていたマリナだった。

刹那を一目見て同郷と勘違いしていたマリナ。
だが刹那の出身はアザディスタンではなく隣国のクルジス。
アザディスタンとは紛争関係にあった国だった。

刹那が逃がしてしまった実行犯は諜報員によって確保。
さらに国際テロ組織がラ・イデンラという自然懐古主義組織であると判明する。
留美はさらに活動拠点の割り出しを急がせる。

アザディスタンの内情を聞かされる刹那。
マリナはソレスタルビーイングを“狂信者”と評する。
一方的な武力介入は多くの命を奪い、時に経済を破綻させる。
戦争が起きれば人は死に、話し合いを模索する間にもさらに多くの命が死んでいく。
「クルジスを滅ぼしたのはアザディスタンだ」と憤る刹那。
和平を模索する間に人が死んだ。
10年前に終わった戦いのころ、刹那はまだ幼い少年だったはず。
なのに戦場にいたのかと尋ねるマリナ。
「今でも戦っている」と言う刹那。
それを聞いて、マリナは刹那を刺客だと思い込む。
「あんたを殺しても何も変わらない」と、刹那は自らガンダムマイスターであることを明かす。
「戦争が続くならいずれアザディスタンにも向かう」と刹那は言い残す。

AEU諜報機関は、確保した実行犯のバイオメトリクスをわざと流出させる。
国を越えることの無い諜報機関が、ソレスタルビーイングと利害を一致させた結果だった。
各国諜報機関の“協力”で3ヶ所の活動拠点が判明し、ガンダムが出撃する。
海上拠点の攻撃に入ったエクシアは、モビルアーマーの襲撃を受ける。
旧式のものとは言え、組織が大きな力を持っていると思わせるものだった。
拠点壊滅の連絡を受け、留美は引き続き監視と支援国家の調査を続行させる。



〈感想〉
テロ組織って間抜けなのかな(^^;
と言うのも、刹那が来るまで現場のすぐ近くにいた(?)からなんですが。
普通は用が済んだらアシがつかないように逃げるのでは・・・?
まあおかげでマリナと会うことになったわけですが。
あっさりと正体バラしちゃいましたが、後でティエリアに撃たれやしないかと。
せっかく偽名まで名乗ったのに。

何かよく見えなかったのですが、一応モビルアーマーもいるようで。
パイロットが人革連の人だったようですが、あれは旧式を横流しさせたのかな?

確かにソレビー(めんどいので略称で)は一方的に破壊しまくってますよね。
でも「話してる間に人は死ぬ」ってのもまた事実でしょう。
あんまり例えが良くないですが、目の前に包丁を持った人がいるとして。
その人に「そんなバカな真似はよせ!」って言っても聞き入れないかもしれない。
むしろその前に物騒なものを取り上げないといけないわけで。
↑はあんまりいい例じゃないですが、いつでも撃てる武器を持たせっぱなしにするのもどうかと。
この辺が難しい所で、それはまだ作中でも結論は出ていませんけど。

次回は艦隊戦でも見られるかな?
いまだプトレマイオスの装備やら何やら分からないままなのでちょっと楽しみです。

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/685-c1405f70
  • (アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 第8話 「無差別報復」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    機動戦士ガンダム00 (1) 戦争の根絶を目指すソレスタルビーイングの前にその存在を悪と断じ、立ちはだかる組織が現われた。生み出される多くの破壊と殺戮・・・人々は憎しみの矛先をソレスタルビーイングへと向ける。だが、その一方で世界は少しずつ気づき始めていた、...
【2007/11/26 04:22】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。