スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:レンタルマギカ 第7話『赤い髪の少女』

 2007-11-20
OPが英語版に変更。
もう第2クール突入ですか(笑)
〈今回のあらすじ〉
いつきは腕から緑の血を流す少女と出会う。
自分をラピスと呼ぶその少女は、錬金術によって生まれたホムンクルスだという。
お腹が空いていたらしいラピス。
いつきは“自分へのご褒美”として買ってきた羊羹をあげてしまう。
「また来る」と言うので、いつきは名刺を渡しておくことに。

いつきが帰るより早く、ラピスはアストラルに来ていた。
“バジリスクの瞳”が欲しいと言うラピスは、報酬として金貨をよこす。
ローマ時代の金貨を模したそれは、贋作ながら数十万円の価値があるらしい。
猫屋敷はさっそくラピスに契約書を書かせる。
バジリスクの瞳を求める理由はラピス自身も知らず、誰かに指示されたらしい。
ラピスは結界の張られた呪波汚染の中にいつきたちを案内する。
「依頼を断っても、結果は同じだったと思う」と意味深なことを言う猫屋敷。
ラピスの目の前には、幾重もの鎖に括られた化物がいた。

いつきは妖精眼を解放、猫屋敷と穂波にバジリスクを消滅させる。
だが代償として、右半身が深刻な呪波汚染に犯されてしまう。
猫屋敷は呪波汚染に感染しそうになりながらも、何とかいつきの治癒を終える。
強すぎる力は、同等の対価を要求する。
いつきに妖精眼を使わせないようにと、まなみは努力することを誓う。

ラピスが発端でいつきが重傷を負った。
そのため、みかんはラピスを快く思っていなかった。
ラピスの傷口が開き、再び緑の血が流れていた。
どうして早く言わなかったのかといつきを責める穂波。
ホムンクルスに悪意がなくても、主の意思次第でどうにでも動く。
みかんはラピスが近づけないように禊による結界をはろうとする。
本来は試験管でしか生きられないホムンクルスが、なぜアストラルにやってきたのか。
いつきは穂波とみかんが意地悪をしているわけじゃないと言い聞かせる。
みんな家族のようなものだから、心配で言っているだけだと。
「見なければ良かった」とラピス。
欲しいものには絶対手が届かないと分かっていたらどうするか。
「いつきを傷つける」と言い残し、ラピスは姿を消す。

猫屋敷には、ラピスの創造主の見当がついていた。
精巧ながらも贋作と見抜けるように金貨を作ったのも、正体を知らしめるため。
ユーダイクス・トロイデ。
アストラル創設者の一人で、もと取締役。
そして、いつきの父・伊庭司を最も信奉した人物だった。



〈感想〉
やっぱりいまひとつ幽霊って感覚がないですね、まなみ。
普通にお茶とか淹れたりしてるし・・・。
現世に干渉できる幽霊、とかなんでしょうか。

まあそれは置くとして、先代社長の側近なのかな?
前の取締役がなんでわざわざ・・・。
あれか、「跡継ぎがちゃんとやってるかどうか見に来た」とか。

それにしても錬金術とホムンクルスって言われると、どうしても武装錬金が頭に浮かびます。
やっぱり中の人つながり・・・。
「ジュースティングクラッシャー!!」とか言わないかな(笑)

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/679-077341fb
  • (アニメ感想) レンタルマギカ 第7話 「赤い髪の少女」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    レンタルマギカ アストラルグリモア 第I巻(限定版) いつきは一人の少女に出会った。真っ赤な長い髪を持つその少女の名はラピス。ラピスは、いつきがアストラルの社長であることを知ると、ある依頼を持ちかけてくる。その依頼とは・・・。
【2007/11/21 02:14】
  • (アニメ感想) レンタルマギカ 第7話 「赤い髪の少女」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    レンタルマギカ アストラルグリモア 第I巻(限定版) いつきは一人の少女に出会った。真っ赤な長い髪を持つその少女の名はラピス。ラピスは、いつきがアストラルの社長であることを知ると、ある依頼を持ちかけてくる。その依頼とは・・・。
【2007/11/21 02:14】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。