スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:げんしけん2 第6話『趣味のモンダイ』

 2007-11-15
もし荻上がエロゲーキャラだったら・・・?
〈今回のあらすじ〉
冬コミの日が迫ってきていた。
2日間のうち、2日目はサークル全員参加で1日目は自由。
荻上は「あんな欲望まみれの所に居たくない」と1日目をパスすると言う。
「放っておけば行くに決まってる」とわざと嫌味を言う大野。

そして冬コミ1日目。
荻上は眼鏡に昔の髪型という“変装”でしっかり参加していた。
なんでこんな所にいるのかと勝手にイラつく荻上。
とは言うもののしっかりと新刊同人誌を確保。
会場には荻上がケンカ別れした漫研の女子部員たちも来ていた。
荻上はそうとも知らず着々と新刊を確保し、次回コミフェスのサークル参加申込書も確保。

荻上は笹原や高坂たちを発見、慌てて立ち去ってしまう。
・・・かと思いきやすぐ近くまで接近。
試しに気付くかどうか実験してみることに。
まさか荻上がいるとも知らず、笹原たちはエロゲー語りを開始。
斑目たちも合流し、なぜか荻上=一途系ということになって盛り上がっていく。

笹原は視線を感じ、疑いの目を向ける。
立ち去ろうとした荻上は大野と激突、眼鏡を落としてしまう。
拾って渡してくれたのは笹原。
否定しようにもカバンから飛び出た新刊の数々は隠しようもなく。
耐え切れなくなった荻上は走り去ってしまう。

荻上が買った新刊は部室に置き去りのまま。
しばらくぶりに顔を出した荻上。
「申込書の書き方を聞きに行こうと」と、もはや誤魔化しなのかも分からない言い訳をする羽目に・・・。



〈感想〉
「夏コミに参加したくて」ってのは言い訳になってませんね(笑)
結局参加したいってのはバレちゃったわけですし。
荻上って咄嗟のアドリブに弱そう。
かく言う自分も相当なもんですけど(^^;

まあせめてサークル内では素直になっていいと思いますけどね。
周りはみんな仲間みたいなもんですし。
むしろ普段は世を忍んでる者どうしだから・・・とも思うのですがどうなんでしょうね。

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/670-a2f16814
  • (アニメ感想) げんしけん2 第6話 「趣味のモンダイ」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    げんしけん2 第2巻 季節は冬になり冬のコミフェスの開催が近づいていた。コミフェスでの予定について現視研メンバーが話し合っていた。すると大野が荻上に初日は行くんですか?」としらじらしく聞く。荻上のオタクをオープン化させる目的が半分、からかうのが面白いの?...
【2007/11/16 20:32】
  • (アニメ感想) げんしけん2 第6話 「趣味のモンダイ」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    げんしけん2 第2巻 季節は冬になり冬のコミフェスの開催が近づいていた。コミフェスでの予定について現視研メンバーが話し合っていた。すると大野が荻上に初日は行くんですか?」としらじらしく聞く。荻上のオタクをオープン化させる目的が半分、からかうのが面白いの?...
【2007/11/16 20:32】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。