スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:Myself;Yourself 第7話『先生のキャラメル』

 2007-11-14
結局のところ先生って空気のまま?
〈今回のあらすじ〉
学級委員として宿題のノートを職員室に運んだ佐菜と菜々香。
担任の藤村柚希は、二人にキャラメルを手渡す。
佐菜はどこかで同じ光景を見たような気がしていた。

朱里は“とある計画”への反対署名を集めていた。
それは、自然公園を更地にして市庁舎を建てるという計画だった。
背景には建築業者との癒着があるとかないとか。
いずれにせよ、朱里にとっては母親との思い出の場所でもあった。

下校中、何気なく立ち寄った公園。
佐菜はそこで昔の記憶を思い出す。
一人で逆上がりの練習をしていた佐菜にキャラメルをくれた女子高生。
その女子高生こそが柚希だった。
佐菜はあさみと出会う。
また老人ホームに行くというが、佐菜も誘われて一緒に行くことに。

朱里は署名集めを咎められてしまう。
法律的にも何ら問題はないと擁護する柚希。
だが学校側にとっては大いに問題があった。
それは、新市庁舎建設計画の中心人物が、市会議員である朱里の父親だということ。
柚希は朱里を連れてファミレスでヤケ食い。
その後は腹ごなしにカラオケへ。
帰宅した朱里は署名集めの件で父親に咎められてしまう。
自然公園は朱里や修輔と母親との思い出の場所。
だがその母はもう家にはいなかった。
代わりにいるのは父の後妻。
朱里には、彼女が資産目当てで言い寄ってきたようにしか見えずにいた。

佐菜はあさみと老人ホームへ。
帰りがけ、二人は入所者の梶井さんから頼まれ事をする。
紐で結わえられた箱を渡され、姉が丘のなるべく大きい桜の下に埋めてほしいという。
中身は秘密らしいが、「とっても良いもの」だという。
あさみはずっと姿を見せなかった飼い猫の首輪の鈴の音を聞く。
ところがいくら探しても姿が見えなかった。

姉が丘で一番大きい桜の木は、八代神社のすぐ近くにあった。
無事に箱を埋め終えたはいいものの、あさみは突然立ちくらみを覚える。
「無理に動かないほうがいい」と支えになる佐菜。
偶然通りかかった菜々香は、そんな二人を目撃してしまう・・・。



〈感想〉
何だか最後の最後でとんでもない修羅場になりましたが・・・。
というか、あさみは菜々香に恨みでもあるんだろうか(笑)
どう見ても三角関係じゃないのに邪魔ばっかしおってからに。
しかもタイミングよく立ちくらみなど・・・。

先生フラグもただのイベントっぽかったですね。
あれはゲームで先生ルートをやる時はいい伏線なんでしょうけど。
アニメ版だと大して意味はなさそうかも?

してあの箱の中身は・・・(^^;
まあ、言うまでも無いんだろうなあ。
まさか“そんなもの”が入ってるとは思わないでしょうし。
それよか疑問なのは、アレをやってどうすんのかってことですよね。
一応生贄は二つ納めてきたわけですが。
やっぱり孫娘の再生・・・とかになるんでしょうね。

考えてみりゃ結構金持ちキャラが多いですね。
麻緒衣の家はアパート持ち、若月家は親が市会議員ですし。
佐菜はどうか分かりませんが。
にしても朱里も修輔も代議士の子供って感じがしませんね。
もちろん知り合いにそんな人いるわけないんですが、意外と庶民的なんだろうか。

ところで、次回のポストは第1話で佐菜が小突いたアレですかね。
かなり雲行き怪しいのでじゃんじゃんフラグ使っていかないと(苦笑)

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/669-8e3bfbe2
  • (アニメ感想) Myself;Yourself 第7話 「先生のキャラメル」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    Myself ; Yourself Vol.1 幼い頃、佐菜たちがよく遊びに行った桜乃社自然公園を潰して、そこに新しい市庁舎を建てようとする計画を知った朱里は、反対の署名活動を始める。しかし、学校内での署名活動が問題になり、朱里は校長室に呼び出されてしまう。一方、ボランテ?...
【2007/11/16 20:14】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。