スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:ef -a tale of memories. 第6話『rain』

 2007-11-11
景が怖い。
とか思ってたらみやこの方が上手だった・・・。
〈今回のあらすじ〉
突然訪ねてきた京介のせいで、紘は漫画家であることがバレてしまう。
京介は黙秘の交換条件に景を呼び出させる。
京介の撮った映画は景にとってはつまらなかったらしい。
「最初は面白いと思った」という景の言葉に京介は興味を引かれる。
景が言うに、被写体が生き生きしていたらしい。
脚本は映研でも、撮ったのは京介本人。
京介は我が意を得たりと喜ぶ。
彼が撮りたいのは、景だけを被写体とした映画。
脚本ありきではなく、まず撮ったものから構成していきたいという。
最初にある概念に囚われたくない京介の意思は、仮にもプロである紘から見ると滑稽にさえ見える。
ことごとく食い違う二人。
議論は景の意思を一切無視して進んでしまう。
景はあまり乗り気ではない様子。

景は紘に鬱陶しがられているのではと思い始めていた。
もちろん紘はそんなことは言わない。
間近に迫ったバスケの試合に勝ったら、「大事な話がしたい」と景は言う。

千尋にとって文字を書くことは、“違う自分”への記憶の伝達だという。
ある意味、それは小説家のしていることと変わりない。
「先達として忠告する」と、火村は蓮治に告げる。
「千尋に深入りするなよ」と。
小説を書くのに必要な諸々の資料が足りない。
それを補うため、蓮治は千尋を連れて学校に行こうと言う。

幼い頃の紘が初めて触れた娯楽は、景の部屋にあった少女マンガだった。
それ以後、気付けば紘はいつの間にかプロの漫画家に。
「努力している人は、何もしていない人を認めない」と景。
少なくとも、好きになることはあり得ない。
それはみやこに対する景の挑戦だった。

学校に行く以上、千尋にも制服を着せる必要がある。
あろうことか、久瀬は女子の制服を持っているという。
彼曰く、「マンネリ化したら着せて・・・」とのこと。
蓮治は久瀬から妙な疑いをもたれてしまう。
ともかく、姉と同じ制服を着られた千尋は喜ぶ。

「休日は締め切りに備えて寝溜め」と紘。
みやこはバスケ部の試合があることを知っていた。
忘れてたが、行くと約束したわけでもないと言う紘。
それならばと、みやこは紘とデートする約束を取り付けようとする。

バスケの試合中、景は貧血・脱水症状による転倒で膝を打ってしまう。
今しか撮れない一瞬のため、京介は殴られるのも覚悟のうえでカメラを回す。
「失敗しても、諦めなければ終わることはない」と京介。
景が倒れたと京介から聞いて、紘は慌てて学校に飛んでくる。
紘は景を背負って帰ることに。
景は紘が余所行きの服を着ていると気付く。
だが紘はみやことのデートをすっぽかしたと言う。
結局、話したがっていたことは「もういいの」と景。

蓮治と学校の図書館に来た千尋。
繋がれた鎖の先に、蓮治が手を伸ばして待っている。
千尋にはそんな気がしていた。

その頃、家に置きっぱなしになっていた紘の携帯。
そこには99件もの着信があった・・・。



〈感想〉
言葉様の悪夢再び(笑)
みやこにはみやこで何か尋常じゃない理由がありそうですね。
「消える」というのはNGワードみたいですが。

ここで気を抜いたら景は間違いなく出し抜かれそうですね。
紘がみやこを捨てて流れてきたと思ったんでしょうね。
しかしなあ、相手は試合があると知っててデートに誘うような人ですから(苦笑)
こういう「形振りかまわねえ」みたいなのはちょっと共感しにくいですね。

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/666-14375627
  • ef - a tale of memories. 第6話「rain」【SERA@らくblog】
    あなたの存在を消してみせる――! 景のいきなりな言葉は抹殺宣言なのかと思った(^^; 紘の心から、みやこを消して見せるって挑戦。 消されるって言葉は、みやこには消滅と同じ衝撃を与えます…。 景vsみやこ って
【2007/11/14 00:50】
  • ef - a tale of memories. 第6話【パズライズ日記】
    今回は京介が撮影に対する思いを語り、景がみやことの対決姿勢を明確にするお話。 踏切を挟んでの景のみやこへの勢いは凄まじかったですねぇ。 一方で蓮治と千尋は順調に小説書きが進行中、千尋の小説は凄いみたいです。 京介はいきなり紘の家を訪問、いきなりあの態...
【2007/11/14 07:41】
  • アニメ「ef - a tale of memories.」第6話。【ぎんいろ。】
    第6話「rain」 紘の家を訪れた京介。その時の態度が原因で、即効閉められるわけですが、この辺りの攻防は面白すぎます。 中に入って、紘が漫画家であった事を知った京介。誰にも言うなよ、と言われて交換条件として景を呼び出してもらう。 景を呼び出せば、もれなく?...
【2007/11/15 00:09】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。