スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:Myself;Yourself 第6話『オトナだもん』

 2007-11-08
佐菜がやってたのはギャルゲーか?
〈今回のあらすじ〉
どれほどいい家に住んでいても、家族がいなければ癒されることはない。
仕事で親が帰らない雛子は、家出と称して佐菜の家に転がり込んでくる。
麻緒衣も「佐菜の家なら」と勝手に安心してしまう。

「これから世話になるから」と食事を作り始める雛子。
また紫カレーが出るのではとヒヤヒヤの佐菜。
出てきたのはパッと見は普通のカレー。
しかし人間の食するものではなく、仕方なくファミレスへ。
佐菜も付き合ってお子様セットを注文し、おかげで雛子のコレクションは制覇。

雛子が風呂に入っている隙に生徒手帳を見て家に連絡する佐菜。
当然、雛子の親はいないので留守電に「家出してきている」とメッセージを入れる。
生年月日から、ちょうどその日が雛子の誕生日だと知る佐菜。

臆面もなく佐菜のベッドを占領する雛子。
かと思えば眠れないのか、「こっちに来てもいい」と言い出す。
あくまでも家においてあるぬいぐるみの代わりらしいが、佐菜は雛子に添い寝することに。
そのぬいぐるみは父“だった”人がくれたものだという。
なくても平気だと思っても、やっぱりないと眠れない。
雛子はそれを秘密にしておいてほしいと言う。

佐菜が勝手に上がりこんできたと寝ぼけて怒る雛子。
佐菜は買い物と称して雛子を連れ出すことに。
「女の子向けのプレゼントを選んでほしい」と頼む佐菜。
相手が菜々香だと勝手に勘違いされ、挙句「美人だから釣りあわない」とまで言われてしまう。
「相手が分からないと選べない」と言う雛子。
生意気で口が悪くて自分勝手、だけどかわいい所もある。
それが誰のことかも知らず、とりあえずプレゼントを選ぶ雛子。

佐菜からメールをもらって、あからさまに不自然ながらも現れた修輔。
雛子はそれを全く怪しいとも思わない様子。
予算が足りず困っていた佐菜を見て、「武士の情け」として半分払ってくれるという。
その後は三人で街をぶらつくことに。

修輔は佐菜の部屋に上がったことがなかった。
佐菜の部屋はもう雛子のためのパーティーが準備されていた。
一日遅れの誕生日を祝う佐菜たち。
ケーキと料理は麻緒衣が作り、朱里はポーチ、菜々香はクッキーを手渡す。

「本当に帰りたくなくなるから」と、佐菜の言葉を待たず帰ることにした雛子。
「いつでも家でしに来いよな」と、佐菜は雛子を気遣って言う。
「忘れ物」と言うなり佐菜の頬にキスをする雛子。
一度も振り向かず走り去る雛子を、佐菜はただ呆然と見送っていた。



〈感想〉
「これだからゆとり世代は」ってどう考えてもニコ動とか狙ってますね。
にしてもまだ4月だったとは・・・。
てっきり5月とか6月とかくらいにはなってたと思ってました。

雛子もよくよく考えりゃ重いキャラ設定ですよね。
父親がいないから母親がその分働かなきゃいけなくて、誕生日でもいないんですから。
そりゃ10歳そこそこじゃやっぱりキツイでしょうし、強がってないと精神ぶっ壊れますしね。
そう考えると、キャラ造形に奥行きのあるツンデレってのは新しいのかもしれないですね。
だいたいは「とりあえずツンデレ出しとけ」みたいな作品ばっかですから。

これで雛子フラグも出来ちゃった・・・のかな?
修輔は望み薄というか確率ゼロですから。
でも修羅場にはならなさそう。
そもそも修羅場自体がなさそうですけどね。
あさみもいるにはいますけど噛ませ犬・・・というかせいぜい「菜々香に勘違いさせるための仕掛け」程度でしょうし(笑)

それはそうと、佐菜の言ってた「生意気で口が悪くて・・・」というセリフは生かされませんでしたね。
「あれ自分の事だったんかい!」って雛子が怒るシーンがくるかと思ったんですが。

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/658-f7f85b1c
  • (アニメ感想) Myself;Yourself 第6話 「オトナだもん」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    Myself ; Yourself Vol.1 ある日、突然、佐菜のアパートに雛子が転がり込んできた。聞いてみると、なんと、家出をしてきたのだという。佐菜が困惑するのをよそに、我が物顔で振る舞う雛子。最初は迷惑に感じていた佐菜だが、ふとしたことで雛子の家出の理由を知ると、?...
【2007/11/08 06:32】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。