スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:げんしけん2 第4話『デキテンデスカ?』

 2007-11-02
深夜アニメとしてはある意味正統派なのかも(^^;
〈今回のあらすじ〉
田中は大野に対する気遣いが足りない、と談義する笹原と斑目。
田中に殺意すら覚え、巨乳エロゲーに話が及び、「オタクでも彼女できるんだな」と落ち込んでしまう。
高坂にも彼女はいるが、彼はオタクとしては認識しにくい・・・。
それまで黙っていた荻上だが、ここに来てふと口を開く。
田中と大野は付き合っていないと思う、と。

咲や高坂も荻上と同じように「少し違うと思う」と感じていた。
部室に来た田中・大野に、朽木の不躾な問いかけが。
「できてんですか」。
朽木は咲の膝蹴りと高坂の固め技の刑に。
「付き合ってはいないけどね」と田中。
「コスプレでヤッてないわけが・・・」と食い下がる朽木の腹に、大野の拳が叩き込まれる。
キャラを汚す真似だけはしたくないらしい。

「肝心な所で避けられてる気がする」と咲に話す大野。
「大野が迫れば落ちる」と咲は言うが、それが出来ていれば苦労はしない。
「エロゲーのコスプレは」と提案するが、大野はエロゲー未経験だという。

「趣味も合うし、さっさと付き合っちゃえばいいのに」と笹原。
オタク同士なんてロクなことにならないと荻上は言う。

コスプレイベントに出かけた大野と田中。
コスプレ仲間で打ち上げに行こうという話になり、大野は不機嫌に。
すっかり気分を損ね、「用事を思い出した」と言って先に帰ってしまう・・・。

大野と自分とでは釣りあわないと悲観する田中。
久我山は「春日部さんは芸能人レベル、大野さんは一般人で可愛いレベル」だと言う。
辛辣ではあるが、田中の望む答えを彼なりに予想した上でのコメント。
「耐えているというより怖がっているだけ」と田中は一喝されてしまう。

エロゲーのコスプレをしたいと言い出した大野。
キャラを知るため、隣で実際にやってみてほしいと言われてしまう。
必死に逃れようとする田中だが、大野はもはや徹夜も辞さない覚悟でいた。
“肝心なシーン”に入る前に何とか切り上げようとする田中。
それももはや限界に達し、田中はとうとう大野に告白する。
田中には自信がなかった。
コスプレ以外に何もしてあげられないことに劣等感を抱いていた。
「日本に戻って来て自信が持てたのは田中のおかげ」だと言う大野。
コスプレだけではなく、田中は優しいし頼りになる。
ただ一つの条件は、田中が勝手に他人の衣装を作らないことだった。
コスプレで○○○するのも、田中が望めば実はOKらしい。



〈感想〉
なんか久々に「深夜アニメ」を実感しましたね(笑)
でもなあ、目の前でエロゲーやれって言われたら真っ先に拷問を疑いますね、自分は(^^;
だからこんなチキンでどうしようもないヤツになっちゃったのかなあ・・・(遠い目)
死ねばいいんだとは思いつつもそれすら出来ない憐れな自分orz

荻上は「オタク同士だとロクでもない」って言ってましたが、むしろ一般人との方がヤバそうではありますね。
かといってオタク同士でもヤバイっちゃあヤバイのか。

次回は腐女子視点ですね。
最近とある必要性から腐女子について調べているので、何とかついていけそうです(笑)

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/648-a1e37c91
  • (アニメ感想) げんしけん2 第4話 「デキテンデスカ?」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    げんしけん2 第2巻 笹原と斑目は部室で大野と田中の関係について話していた。すると斑目と笹原には意外だったのだが「付き合ってないと思いますけど」と女の勘なのか荻上が言う。咲と高坂、朽木もその話題に加わり、微妙な時期だから触れにくいなどと話していると、そ?...
【2007/11/03 01:06】
  • げんしけん2 第4話 「デキテンデスカ?」【SERA@らくblog】
    コミフェス話も終わって、大野と田中の恋愛話。 趣味はあうけど、どっちもおくてで付合うまではいってない二人。 部室でそんな話をしてるととうの本人が来て、空気読めない朽木がデキてんですか?(ぉ) そのせいでギクシ
【2007/11/03 09:14】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。