スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:レンタルマギカ 第4話『ひとりじゃないから』

 2007-10-31
一体いつの話なんだよお・・・。
〈今回のあらすじ〉
ずっと病院で一人きりだったまなみ。
彼女は入院してきたいつきと出会う。
入院中でも容赦なく書類を大量に置いていく穂波。
だがそれとは別に折鶴を折ってくれるという気遣いも見せてくれる。

いつきは右目の痛みとゴムの焼けるような匂いを感じ取る。
病院にある7不思議の一つには、“ゴムの焼ける匂い”がある。
それは人肉の焼ける匂いで、嗅いだ者は病院から姿を消すという。
・・・というのは真っ赤な嘘だと言うまなみ。

7不思議もあながち出鱈目ではないのか、病院内は呪波汚染に覆われていた。
いつきと猫屋敷は病院内を探索する。
不可思議現象が起こるようになったのは数ヶ月前。
呪波汚染が酷くなると、霊感が強くなくても見えるようになってしまう。
病院にはかつて軍の生物実験場があったらしい。
そして実験台にされた人々の怨念を利用した魔法使いがいた。
その魔法であり呪波汚染の核を取り除かなければ事態は解決しない。

いつきはまなみが幽霊だと気付いていた。
それでも彼は「それ以外は普通の人と同じ」と微笑んでいた。
まなみの反応が病院から消える。
まなみは瘴気の塊・ソウルイーターに食われてしまっていた。
不死を目指し、魂を移し変えた物体の成れの果て。
まなみを救い出し呪波汚染を止めるため、いつきは右目を解放する。
いつき達はまなみを救い出し、呪波汚染の核を消滅させることに成功する。

いつきという“夢”の終わりを覚悟していたまなみ。
3日延びながらも退院することになったいつきは、「ウチに来ない?」とまなみを誘う。
魔法使いはいても幽霊はいない。
「きっと助け合えると思う」と言ういつきに反対するも者もなく。
そうして黒羽まなみはアストラルに迎え入れられることになった。



〈感想〉
何だ幽霊だったのか・・・。
てっきり生身の人間で「魔法使い見習い」なのかと思ってました。
ということは普通の人には彼女は見えないんですね。
でも視聴者には見えちゃうんだよなあ(^^;

猫屋敷さんも久々でした。
何か第1話以来まともに出なかったような気がするんですけど(笑)

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/646-2d143034
【2007/11/04 15:59】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。