スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:キミキス pure rouge 第4話『step in』

 2007-10-31
一輝だけ不調ですね。
〈今回のあらすじ〉
結美との距離をつめようとしない光一を急かす摩央。
摩央はそのうちいい人を見つけるとはいいながらも、連日大量のラブレターをもらっていた。
光一と摩央は隠れ潜んでいた一輝を発見。
彼はサッカー部の咲野明日夏に追われていた。
明日夏は男子にも負けないほどのプレイヤーながら、公式戦には出られないという異色の存在だった。

明日夏と付き合っているのかと聞かれる一輝。
否定するうちに、ついつい瑛理子のことを言いそうになってしまう。

瑛理子は小テストを白紙で提出。
答える気がなかったらしく、点数どおり評価して構わないと言う。
天才ゆえの嫌味だと冷ややかに見る者もいた。

朝に弱く遅刻寸前の摩央。
下駄箱を開けるとその日も大量のラブレター。
低血圧でふらつく摩央を見かねた栄二は、彼女を保健室まで送っていくことに。
摩央は同じく保健室で休んでいた瑛理子と出会う。

「自分はプロデュースに専念したほうがいい」と言う明良。
仮にも小説家志望ということで、光一は脚本を押し付けられてしまう。
一輝はハマっている“春ソナ”の筋書きを教えてくれると言うが、明日夏に捕まってしまう。
アイデアがまとまらない光一は、思い切って結美に相談してみることに。
結美は喜んで協力してくれるという。

瑛理子と偶然出くわした一輝。
“実験”を別の人としているのかと聞くが、「貴方には関係ない」と一蹴されてしまう。
明日夏との練習にも身の入らない一輝。
一輝の実力をよく知っている明日夏は、「練習が嫌い」だと言う一輝にイラつく。
自分は頑張っても試合に出られない。
思いがけず明日夏を怒らせてしまった一輝だった。

「次の日曜日、付き合ってくれないか」と声をかける栄二。
摩央はそれを了承する。



〈感想〉
摩央姉、いくらなんだって付き合う前から待ち伏せてたらストーカーですから(^^;
まあ両思いってのが前提なので問題はないでしょうが。
にしたって光一としては戸惑うでしょうよ。

光一にはもう結美フラグ一直線しか残ってないでしょうけど、一輝はイマイチ分かりませんね。
瑛理子に行くか明日夏に行くか・・・。
普通に考えると瑛理子っぽい気もしますが。

栄二が摩央を呼んだのは多分演奏か何かでしょうね。
と言うか日曜の何に付き合うのか用件をちゃんと言わないと(苦笑)

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/645-85ccdf44
  • キミキス pure rouge 第4話 「step in」【SERA@らくblog】
    その一歩を躊躇うな、時間は無限じゃない! カラオケから1ヶ月、結美との仲の進展しない光一を注意する摩央姉。 それでも光一は動けないでいたが、映研のシナリオを任されて結美に手伝ってもらうことに。 サッカー部で
【2007/11/03 09:15】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。