スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:ひぐらしのなく頃に解 第16話(祭囃し編 其の参)『終わりの始まり』

 2007-10-28
オヤシロ様の祟り1年目。
〈今回のあらすじ〉
雛見沢にダム建設の計画が浮上。
村の総意は断固反対かに見えたが、それに反する動きもあった。
北条を中心とする非地主層にとっては、国からの保証金と転地先での住宅・仕事の手配が大きかった。
役所側への抗議一色だったはずが、いつの間にか村人同士の小競り合いになっていた。

沙都子の異変に気付き、入江診療所に駆け込んだ悟史。
悟史には言えないものの、沙都子はレベル5の症状を再発。
入江は、どうやら沙都子が虐待を受けているらしいと気付く。
悟史によれば、それは今現在のことではなく、過去の全てのストレスが集積されたものだという。
沙都子をもうしばらく入院させたいと言う悟史。
それは妹を思ってのことではなく、悟史自身が磨耗してしまわないための・・・。

水面下で進んでいた雛見沢症候群の研究。
だが未だ寄生虫自体は検出されていなかった。
死体からノミが観察されないのと同じように、検体が死んでいることに問題があると予想する入江。
それならばと、鷹野は生きた検体を用意させようとする。
入江は心底恐怖にすくむことになる。

建設現場の作業員が現場監督を殺してしまうという事件が起きる。
その監督は、あたかも鬼のように怒り狂っていた。
正当防衛だと主張しても、その有様はあまりに度が過ぎている。
作業員の一人は、死体を切り刻んで分担すればいいと言い始める。
一人の裏切り者も出ないように・・・。

死体解体を最初に言い出し、右腕を持っていた男。
彼は入江診療所に捕獲されてしまう。
“東京”の調査では、彼は前科持ちで執行猶予中だった。
すでに症状はレベル5で治療の余地はない。
入江は苦悩の末、生体解剖を行うことを決める。

沙都子や悟史を救いたいと言う梨花。
もし救いが現れるとすれば、それはしがらみの無い外の世界から。
梨花はその人物が必ず来るだろうと言う。
それが全ての始まりにして、“終わらせる”ための最初の鍵。
羽入もまた、今度こそ信じる力を以って立ち向かおうとしていた。



〈感想〉
回想なのかと思いましたが、どうも新しい世界が始まったみたいですね。
今度はダム戦争勃発の年からスタートのようで。
でも圭一が来るのは4年後でしょうから、それだと悟史はやっぱり失踪・・・?

監督殺害は身内のトラブルでしたか。
右腕がないというのはああいう理由だったとは。
にしても露骨な描写はちょっと・・・。
ただでさえSchool Daysとかで時期的にナーバスですしねえ(^^;

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/641-c1a31db4
【2007/10/29 19:37】
  • ひぐらしのなく頃に解 #16 祭囃し編 其の参 「終わりの始まり」【月の静寂、星の歌】
     僕はずっと見てきました。  一つ、また一つとカケラが重なっていき、  そのたびに世界がねじれていく。  僕はずっと無力でした。  何もできないまま、ずっと見てきました。  何回も何回も、必ず破滅する物語を……。  僕は奇跡を起こす方法を学びま...
【2007/10/29 23:26】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。