スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:灼眼のシャナⅡ 第4話『憂いの少女たち』

 2007-10-27
あんまり修羅場すぎても・・・。
〈今回のあらすじ〉
史菜のお目付け役になってしまった悠二に、シャナのイライラは増すばかり。
バル・マスケが動いているという情報もなく、ヘカテーを単身送り込んでくるとも思えない。
零時迷子に戒禁がついているということで、迂闊に手が出せないだろうと言うマージョリー。

翌日の放課後、悠二たちは新しくオープンした“デカ盛り”の店に行くことに。
最初は一緒にいたはずなのに、気付くと史菜の姿が消えていた。
「放っておけばいい」と言うシャナ。
お世話係は学校でのことだし、勝手な行動をするなと警告もしている。
悠二はシャナの隠された本心に気付くことができなかった。

史菜は公園にいた。
野良猫に襲われそうだった鳥の雛を助けていた史菜。
悠二は改めて彼女がヘカテーに似ていると感じ取る。
その様を偶然見てしまった吉田。
吉田もまたシャナと同様、微かな嫉妬に駆られてしまう。

その夜から、シャナは夜の鍛錬をヴィルヘルミナに任せてしまう。
翌朝もシャナは鍛錬に来ないまま。
シャナと吉田は、悠二と距離を置くようになってしまった。



〈感想〉
4角関係ですか・・・。
たまには修羅場もあっていいんですが、それだけだとどうにも(^^;
バトルシーンがないまでも、せめて布石くらいはあっても良かったかな、と。

・・・結構必死に書くこと探したのですが、全く見つかりそうにないのでこれにて。

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/638-a9cd0268
  • 灼眼のシャナII 第4話 「憂いの少女たち」【SERA@らくblog】
    ヘカテー似の転校生・近衛史菜は天然のお嬢様(?) 人の良い悠二は史菜に懐かれ面倒を見る係に…。 シャナと吉田は、複雑な感情を持っていく――。 とってもラブコメ展開(笑) それでもシャナは面白いです(^^; こ
【2007/10/30 22:44】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。