スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:ef -a tale of memories. 第3話『paradox』

 2007-10-22
作画堅調ですね。
顔の崩れとか全然ないですし。
〈今回のあらすじ〉
4年前の交通事故で左目の視力を失い、13時間しか記憶を保持できなくなった千尋。
そのため、彼女は日々の記憶を書き留めなくてはならなかった。
朝になれば蓮治のことは忘れてしまうのか。
否、千尋は「大切なことは思い返す」という。
忘れないように何度も。
だが自分には何もないと悩む千尋。
迷惑をかけまいとしても、存在自体が迷惑になってしまうこともある。
そしてそのことすら忘れてしまう。
過ごした時間、出会った人。
それも13時間たてば忘れてしまう。
どれほど楽な気持ちで千尋と会っていたのかと、蓮治は後悔する。
千尋の不安や恐れも知らず・・・。

どうすれば誰にも迷惑をかけず消えることができるか。
自分が消えるという恐怖もいずれ忘れる。
だが「誰かの記憶から消えるのが怖い」と千尋は言う。
あくまでも“冗談”として・・・。

その日、廃駅で待っていたのは火村だった。
千尋は前日の雨で風邪を引いてしまったという。
千尋は蓮治が来るまでずっと待ち続けていた。
「また明日」はその日と別の日をつなぐ大切な約束。
自分自身が不確かなため、千尋はこれまでずっと火村の言った通りにしてきたという。
その彼女が蓮治と会うのだと意地を張った。
千尋の融通が利かなかったこと、自身が保護者失格だということだと火村は言うが・・・。

徹夜で原稿を仕上げ、そのまま寝ずに登校した紘。
その日もみやこは屋上にやって来た。
目当ては紘の持っている屋上の鍵らしい。
紘が原稿を仕上げたと知り、みやこは紘を連れ出そうとする。

戦災、震災と二度にわたって崩壊してしまった街。
日本風な街に見えないのも、全く別な世界を作りたかったためかもしれない。
相変わらず授業に出ずに街にいるみやこ。
学校が嫌いなのではなく、街を見ているほうが好きなだけだという。
「世間や常識に囚われると人生を楽しめない」とみやこ。
紘は後輩の羽山ミズキと出会う。
みやこを紹介しようとして「宮村・・・」と名前を忘れてしまった紘。
「彼女の名前を忘れるなんて」と勘違いされてしまう。
ミズキはフリーになった景を狙う気らしい。
ふと気付くと、もうそこにみやこの姿がなかった。

独創性よりスタンダードさを選んだ映研。
京介は「もっとやりたいことに突っ走ればいいのに」と不満を漏らす。
自分のやりたいことが見えてこないと苦悩する京介。
「あなたの考えていることが分からない」と、突然の別れを切り出す映研部長。
京介はそれを受け入れ、映研からも身を引くことを決める。
撮りたいものを撮る。
その夢のために京介は歩き続ける。

授業に出ずにみやこと街にいたと知ってしまった景。
みやこが美人で有名だと知らないのは、紘のように学校に来ない人だけ。
留年しそうだという事情も知らずに、みやこが紘を連れ出したと思い込む景。
景は、クリスマスの日に紘とみやこが出会ったと知る。
景と会う約束が反故にされていたその影で・・・。



〈感想〉
紘と蓮治は恋愛関係で存在感がありますが、京介はまだ空気っぽいですかね。
というか、これから挽回するような展開になるのかも危ういかも(^^;

まあ外で遊ぶわけでもないですし一応は行ってみるのが筋でしたね。
たまたま蓮治も「覚悟のなさに後ろめたさを感じていた」ってのもあったでしょうけど。
こればっかりは運が悪かったとしか言えませんね。

良くも悪くも流行り(?)の純愛路線な蓮治と、これまた定番(?)な修羅場展開の紘。
なか落差が激しすぎて別作品のようですね。
こういうのも「一粒で二度おいしい」とか言うのでしょうか(笑)
京介が入ってくると三度おいしいということになりますが。



スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/631-73522702
  • ef - a tale of memories 第3話 「paradpox」【SERA@らくblog】
    ”これは、わたし自身なんです――。” 13時間しか記憶を保てない千尋にとって、日記に示したことだけが自分の全て。 その日の自分と別の日の自分を繋ぐ唯一のもの…。 前回のEDはやっぱりOPでした。かなりお気
【2007/10/23 22:19】
  • ef - a tale of memories. 第3話【パズライズ日記】
    今回は蓮治がちょっとした約束を破ってしまい、紘がクリスマスの件が景にバレるお話。 13時間の記憶障害に関しては、その苦労も対策も大体思ったとおり。 やはり思い返せばその時から記憶は維持されるみたいですが、大切なことを思い返すことの重みはほかに人には計り...
【2007/10/24 07:44】
  • アニメ「ef - a tale of memories.」第3話。【ぎんいろ(旧夢の日々)。】
    第3話「paradox」 千尋から蓮治に対して、明かされた真実。13時間しか覚えていられないと言う記憶障害の原因は交通事故で、左目もその時に失った。ああ、だから左目は常に眼帯しているんだな。 日記は読み返し、そして出来るだけ正確に残す事。そして出来るだけ、他人...
【2007/10/24 17:10】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。