スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:キミキス pure rouge 第2話『cool beauty』

 2007-10-16
明良はD.C.でいうところの杉並みたいなもんでしょうか。
要は「ただの情報屋であって主役ではない」という・・・(^^;
〈今回のあらすじ〉
瑛理子にとって、一輝とのキスは思い描いていたものと違ったらしい。
一輝は瑛理子のことを考えてついつい呆然としてしまう。

転校初日で交友関係を広げられる摩央を羨む光一。
光一は親しくなりたい人がいると見透かされてしまう。

一輝の妹・菜々も学校に通い始める。
一輝たちは黒塗りの車で送られてきた生徒・祇条深月を見かける。
カバンにつけていたマスコットを見咎められてしまった菜々。
声をかけたのは一輝たちのクラスの風紀委員・栗生恵だった。
久流は菜々と同じようなマスコットをつけた生徒・里仲なるみを発見。
菜々はすっかり意気投合するが、恵にこっぴどく叱られてしまう。

校内の女生徒に異常に詳しい明良。
一輝は思い切って瑛理子のことを尋ねてみる。
知っているのは、彼女が超天才で孤独であるということ。
彼曰く、「我々凡人では到底理解できない」らしい。

菜々と親しくなったなるみはうどんの名店の娘だとか。
二人はうどん同好会を結成しようと決めていた。
先約のはずだった妹にあっさり逃げられ、映研の勧誘も難航の予感。
一輝はふと紙飛行機を見かける。
彼は勧誘そっちのけで紙飛行機を求めて走っていってしまう。

摩央は一人サックスの練習に励む栄治を見つける。
話が合わないだろうと無視しようとする栄治。
周囲は受験の話しかしない。
受験を選択しない彼にとって、周囲の話に合わせるのはハードなことだった。
受験の話なんてしたくないし、夢があるのは素敵なことだと理解を示す摩央。
摩央は栄治に無視しないように約束させる。

屋上で瑛理子を見つけた一輝。
彼女の言う“実験”が何なのか、できればもっと普通に知り合いたかったと話す。
その途端、瑛理子は「無理に続けても意味がない」と一方的に“実験”の終わりを告げて去ってしまう。
一輝は屋上に一人立ち尽くし呆然とするばかりだった。

映研の勧誘の中、光一は新入生と間違えて結美に声をかけてしまう。
名前を知っているとは思わなかったと言う結美。
去年同じクラスだったとしても、話したことがなかったのでそう思ったらしい。
「目立たないから」と言う結美だが、光一はそれをきっぱりと否定する。

その夜、光一は結美と一緒だったのを見た摩央に締め上げられてしまう。
「まともに話したのは初めて」と白状させられる光一。
摩央は光一が好かれるように特訓を始めると言い出すが・・・?



〈感想〉
光一と一輝にはフラグが2個ずつなのに明良は今のところ気配すらありませんね。
やっぱり主人公は二人なのかな。

特訓のつもりがだんだんその気に・・・とかもなさそうですね、このアニメは。
かと言って修羅場をやられても困っちゃうということはありますけども(笑)
しかしそれだと落としどころが見えにくい・・・。
アニメ版は販促とかキャラ紹介に終始するようになっちゃうかもしれませんね。

しばらくは純粋にヒロインに萌えるか恋愛にニヤニヤするのがいい楽しみ方になりそうですね。

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/621-de70d212
  • (アニメ感想) キミキス pure rouge 第2話 「cool beauty」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    キミキス pure rouge (1) 0点の答案を折った紙飛行機を拾った一輝。持ち主である天才少女、二見瑛理子のもとに届けるが、彼女はいきなり「実験」といって一輝にキスをして立ち去った。翌日は入学式。各部の新入生勧誘の騒ぎをよそに、放課後あてもなくぶらつく摩央は?...
【2007/10/17 02:27】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。