スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:D.C.Ⅱ ~ダ・カーポⅡ~ 第2話『バナナと人間』

 2007-10-14
バナナミンって何でしょうかね。
〈今回のあらすじ〉
小恋との新しい関係に踏み出した義之。
だが由夢だけはどこか不満な様子。
情報通の杉並ですら知らない、学園長室の秘密階段のことを口にしてしまった義之。
おかげで小恋が作ってきた弁当がパーに。

秘密階段の先には、カプセルに入った少女の姿があった。
何気なく触れてしまった義之は、起動スイッチを押してしまう。
「なぜ起動した」と義之を問い詰めるその少女・美夏。
偶然のせいで眠りを妨げられたと怒り始める。
美夏はバナナと人間が嫌いだと言って義之を殴る。
保健教師である水越は、天枷研究所の所員を本職としていた。
美夏は特殊なロボットだという。
「全て忘れること」と言われてしまう義之。

感情を持ったロボットは、すでに遠い過去の話となっていた。
もし美夏が人間と同じ感情を持っていたとしても、もう会うことはないだろう。
義之はそう考えて忘れることに。
・・・と思いきや翌日、美夏は“天枷美夏”として学校に通うことになっていた。
ロボットとばれない様にサポートするという白羽の矢が義之に。
水越の言いつけだから仕方ないが、美夏は義之を良く思っていないようだった。
起動してしまった責任もあるから、と引き受けることにした義之。
お土産と称して、水越は途方もなく分厚いマニュアルを手渡す。

ようやく小恋との時間が取れた義之だったが、由夢と一緒だった美夏と出会う。
由夢は同じクラスで親切だから特別仲がいいらしい。
転校してきたばかりなのになぜ知り合いなのかと疑われる義之。
突然、美夏の腕時計が警報を鳴らし始める。
バナナがないと言って、美夏は煙を吹き始める。
慌てて美夏を抱えて走る義之。
8時間に一度バナナを補給しないと熱暴走してしまうらしい。
義之は通りかかった杏と茜のチョコバナナを掻っ攫って美夏に。
おかげで治まったものの、味といい匂いといい食感といい、どうしてもバナナは嫌いらしい。
チョコバナナだけは食べやすくて少しマシらしい。
義之はその後、由夢や小恋をなんとか誤魔化さなければならなかった・・・。



〈感想〉
またなんとも騒がしい・・・。
なんかD.C.の頃の美春ロボもあんな感じでしたね。
バナナそのものじゃなくて成分だけ取り出せばいいのに(^^;

どうも小恋はメインヒロインじゃないような気がします。
ギャルゲーだとヒロインは何人かいますけど、中でもメインって人いますよね。
なぜか小恋は違うような気が。
キャスト的にも第1話で告白成功とかからしても違うんでしょうけど、ヒロインは誰になるんでしょうか。
(ちなみに原作やったことないです)
やっぱ朝倉姉妹のどっちか・・・?

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/618-db4b2c64
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。