スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:瀬戸の花嫁 第26話『きみの帰る場所』

 2007-10-02
最終回シリーズの最後です。
〈今回のあらすじ〉
無数の水中機雷が海の潜水艇を襲う。
潜水艇の迎撃が追いつかず危機を迎えるが、留奈のハウリングボイスで撃破。
燦のもとに向かう途中、永澄は義魚が極道より厄介な人物だと聞かされる。

義魚に幽閉されてしまった瀬戸内組の面々。
蓮は燦を連れて来てしまったことを悔やむ。
何とかして燦を助ける方法はないかと苦慮する豪三郎。
同じ頃、「重婚しても関係ない」と豪語する義魚にやりきれなさを感じつつも逆らうことのできない明乃がいた。

義魚の海底御所に突入する海の潜水艇。
ところがそこは敵陣の真っ只中。
三河も海を先頭に軍勢で応戦する。
“戦いの歌”でバックアップしようとする留奈だが、その歌を聴いた者は敵味方問わず暴走状態。
留奈は永澄だけでも先に進ませようとする。

義魚のいる大広間に殴りこんだ永澄。
だが永澄の前に明乃が立ちはだかる。
もともと人間と人魚が結ばれることはなかったのだと言う明乃。
義魚に命乞いをしろと迫る明乃だが、永澄は到底それに屈することはできなかった。
外れた道を歩むのが剣士なのかと、逆に明乃に答えを迫る永澄。
本来の意思を取り戻した明乃は、迷いなき剣と共に永澄に加勢する。
道を貫き通す意思を見せる永澄。
義魚のペットである巨大ウツボが迫るが、それを阻んだのは豪三郎だった。
義魚の親衛隊には瀬戸内組が応戦。
「後は任せて逃げていい」と蓮は言うが、永澄にはまだやることがある。
燦に救われた夏の日、永澄は自らの命を賭して貫く生き方があることを知った。
それが瀬戸内任侠。
「燦につりあう男になりたい」と、永澄は内に秘めた決意を語る。
親衛隊を片付ける留奈、2匹目のウツボの相手をする明乃と蓮、さらに現れた3匹目のウツボを相手する留奈パパ。
なぜか相変わらずセーラー服で突然現れた留奈パパだが、江戸前組は外資系のため貴族だとしても無関係らしい。
永澄は燦を目指して走り続ける。

義魚の部屋にたどり着いた永澄は、そこに燦の姿を見る。
ところがいくら呼びかけても燦の返事はない。
人魚の秘宝たるお香によって、暴れないように意識を奪われているらしい。
義魚にいいように殴られながらも、燦に呼びかけ続ける永澄。
「傍にいろよ、どこにも行くな」という言葉にようやく反応した燦。
燦が自分のものにならないと知って、義魚は銃を向ける。
「女の子に何を向けてんだ」と燦をかばって撃たれてしまう永澄だが、彼は傷一つなく踏みとどまる。
燦が傍にいれば力が湧く。
“英雄の歌”なしでも超人的な力を発揮できる“自律型超戦士”の誕生だった。
必死とは必ず死ぬと書く。
そんな覚悟すらない義魚に、永澄が負けるはずもなかった。
ナマズの姿を晒してしまった義魚。
家来たちには散々バカにされ、京にも報告されるという羽目に。
「オイタが過ぎましたな」と、剣士長は断罪の一言を浴びせる。
「ずっと傍にいて欲しい」と、燦が家においていった指輪を手渡す永澄。
二人の日々は、このとき本当に始まったのかもしれない。

平和で騒がしい日々が戻ってきた。
永澄は前よりも燦好みの男になったようだが、年相応な少年の面影は残していなかった・・・。



〈感想〉
まさかここまでいい締め方をしてくれるとは思ってませんでした。
今期は何かと残念な(と勝手に思っている)最終回が多かったので、感激もひとしおという所で。
基本的にギャグアニメの作品でもここまでできるというのに・・・。

永澄は超戦士になったはいいけど戻れなくなったようで(笑)
まあギャグアニメですし、その辺は(笑)で済んじゃうから別にいいですよね。
この辺りはギャグアニメと燃え系の「おいしいとこ取り」だと感じましたね。
この最終回は間違いなく今期ベストいくつかには入るかと。
ちなみに一位じゃないのは個人的な都合ですが(^^;

エンディング、カラオケボックスも完成してましたね。
誰か入ってくるかと思いきや、壁に掛かってたのは海の宇宙服と魚でしょうか?

時には「何という騒がしいアニメだ」と呆れそうになったこともあり。
それでもこの最終回なら見ても良かったと思えました。
TBなどお世話になった方々、感想を見ていただいた方々、本当にありがとうございました。

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/599-6856b161
  • (アニメ感想) 瀬戸の花嫁 第26話 「きみの帰る場所」 【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    瀬戸の花嫁 三 それは愛に目覚めた男の物語・・・。男は、奪われた恋人を取り戻すため仲間の力を借り、敵地へ向かった。果たして男は無事恋人を取り戻すことが出来るのか!?
【2007/10/02 16:19】
  • 瀬戸の花嫁 第26話 「きみの帰る場所」【SERA@らくblog】
    今期一番、はっちゃけたこの作品もファイナル! 義魚に攫われた燦ちゃんを取り戻すべく、永澄たちは敵地に突入。 アトラクション番組と騙されたサル、最後まであほです(^^; 永澄史上最大の怒り。最大最後の戦いへ~。
【2007/10/02 19:27】
  • レビュー・評価:瀬戸の花嫁/第26話「きみの帰る場所」【ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン】
    品質評価 33 / 萌え評価 8 / 燃え評価 33 / ギャグ評価 25 / シリアス評価 8 / お色気評価 8 / 総合評価 20レビュー数 12 件 海の潜水艦で突き進む永澄たち。はたして、燦を取り戻すことが出来るのか?
【2007/10/03 18:51】
  • 瀬戸の花嫁 第26話(最終回)【パズライズ日記】
    最終回は永澄が源義魚に立ち向かうお話でした。 永澄史上最大の怒りで立ち向かう姿は格好良すぎ。 色々と凄まじく、最後まで大いに楽しませていただきました。 永澄達は海の潜水艦で義魚の居場所目指して一直線。 サルはアトラクションだと騙されて参戦しているんで...
【2007/10/06 19:35】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。